メルセデスAMG「GLC63」を予想プレビュー。PHEVは最大670馬力

■2.0リッターターボガソリンエンジンを縦置きに搭載

メルセデス・ベンツは現在、主力クロスオーバーSUV「GLC」に設定される最強モデル、AMG「GLC63」を開発中ですが、その市販型デザインを大予想しました。

メルセデスAMG GLC63_003
メルセデスAMG GLC63 予想CG

7月には、かなりカモフラージュが削げたプロトタイプをスクープしましたが、そのスパイショットをベースに制作、KOLESA.RUから協力を得ました。

パナメリカーナグリルと、クワッドエキゾーストパイプを備えたこの高性能SUVは、メルセデス・ベンツバッジのついた「GLC」よりはるかにアグレッシブに見えます。

メルセデスAMG GLC63_006
メルセデスAMG GLC63 市販型プロトタイプ

強力なPHEVセットアップと一致するように、大型ホイールと、より強力なブレーキに適合するよう、広いホイールアーチが得られることは間違いないでしょう。

スパイショットで発覚したように、GLC 63新型には後輪ステアリングも搭載される予定で、コーナーを高速で攻める際の安定性が向上するはずです。

パワートレインはAMGでお馴染みの4.0リットルV型8気筒エンジンと決別します。次期型ではコンパクトなAMG「45」の2.0リッターターボガソリンエンジンを縦置きに搭載、後部に取り付けられた電気モーターと連携して、PHEVセットアップは最高出力670ps・最大トルク750Nmへと向上することが予想されています。

メルセデスAMG GLC63_004
メルセデスAMG GLC63 予想CG

現行型では後輪駆動のみの設定でしたが、次期型ではe-モーターの追加によりC63 と GLC63 は 4Maticのみで販売されることになりますが、重量の増量は心配する必要はないといいます。

キャビン内では、12.3インチの自立型デジタルクラスター、センターコンソールの大きく傾斜した11.9インチのタッチスクリーン、およびカラーヘッドアップディスプレイなど、予想通りGLC新型と同じレイアウトが見てとれます。ただし、AMGには、よりスポーティなバケットシートのセットと、スエードスタイルのフラットボトム・ステアリングホイールや、カーボンファイバーのアクセントが追加されています。

AMG GLC63次期型のワールドプレミアは、2022年秋以降になるでしょう。

(APOLLO)

この記事の著者

APOLLO

APOLLO 近影
アポロニュースサービス代表取締役。1965年東京生まれ・世田谷区在住。通信社を経て1996年に独立、レンタルポジ&ニュース配信会社アポロニュースサービスを設立した後、2016年にはカーメディア「Spyder7」編集長に兼任、多数のメディアへ新車スパイショット配信も手掛けております。通信社入社と同時に新車スクープに関わり、これまで35年間、新型モデル開発を追い続け、現在は新車スクープ原稿を年間800本以上執筆、日本で一番新車スクープ記事を書く男としてギネス申請中!?