アルファロメオが超高級SUV市場へ参入? 登場は2027年と予想

■クアドリフォリオ トリムの2.9 リッター V6ツインターボを搭載

米Automotive Newsによると、アルファロメオが2027年に大型モデルを計画しているといいます。

アルファロメオ トナーレ_002
アルファロメオ トナーレ

この情報は、ブランドのボスJean-Philippe Imparato(ジャン・フィリップ・アンパラト)氏がメディアに発言したことから来ているようです。

アンパラト氏は、現段階でセダンやクロスオーバーSUVなどモデルセグメントを特定することは出来ないとしているようですが、3月のインタビューでは、BMW「X5」「X6」「X7」、および「7シリーズ」に匹敵するモデルをラインアップしたいと言っていることから、クロスオーバーSUVが有力候補と言えそうです。

アルファロメオ ジュリア_001
アルファロメオ ジュリア

また同氏は、車両の形状に関する決定は2022年内に行うと言っており、「米国でモデルを開発し、収益性の高いセグメントを目指す。大型車の提案は、アメリカ、中国、ヨーロッパの国際市場に適合するものでなければならない」と付け加えています。

新型モデルのパワートレインは完全に謎ですが、アルファロメオは、2027年までにヨーロッパ、北米、中国の製品の100%をEVにしたいと考えていることからも、フルエレクトリックになる可能性も高いと言えそうです。

アルファロメオ トナーレ_003
アルファロメオ トナーレ

同ブランドでは、2023年に少量生産のスポーツカーを発表すると噂されおり、調べでは、パワートレインには、ジュリアとステルヴィオのクアドリフォリオ トリムの2.9 リッター V6ツインターボを搭載、ブランドからの最後の燃焼式エンジンモデルとなる可能性があることがわかっています。

また2024年に電動クロスオーバーSUVを投入「トナーレ」と「ステルヴィオ」の下に配置するほか、今後は2026年までに5つのモデルを発売する計画を持っており、新車ラッシュが見られそうです。

(APOLLO)

この記事の著者

APOLLO

APOLLO 近影
アポロニュースサービス代表取締役。1965年東京生まれ・世田谷区在住。通信社を経て1996年に独立、レンタルポジ&ニュース配信会社アポロニュースサービスを設立した後、2016年にはカーメディア「Spyder7」編集長に兼任、多数のメディアへ新車スパイショット配信も手掛けております。通信社入社と同時に新車スクープに関わり、これまで35年間、新型モデル開発を追い続け、現在は新車スクープ原稿を年間800本以上執筆、日本で一番新車スクープ記事を書く男としてギネス申請中!?