トヨタC-HRに特別色などを採用した上質な特別仕様車「Mode-Nero Safety Plus Ⅲ」が設定

■マットブラック塗装とダークスモークメッキナットの18インチアルミホイールを用意

現行プリウスに続き、「TNGA」第2弾としてトヨタから登場したSUVのC-HR。発売は2016年12月ですので、すでに5年半の年月が経っています。

Cセグメント級SUVの競争激化、モデル末期ということもあり、さすがに登場時からの勢いはなくなっているものの、日本でも扱いやすいサイズであることや、ドレスアップ、チューニングのベース車としても支持を集めています。

トヨタ C-HR
特別仕様車のG-T“Mode-Nero Safety Plus Ⅲ”のエクステリア

そのC-HRに、特別仕様車の「G“Mode-Nero Safety Plus Ⅲ”」「G-T“Mode-Nero Safety Plus Ⅲ”」が設定され、2022年8月29日に発売されます。

車名からも分かるように、ベース車は「G」および「GT」。

トヨタ C-HR
特別仕様車 G“Mode-Nero Safety Plus Ⅲ”のエクステリア

エクステリアでは、ボディカラーに特別色の「イナズマスパーキングブラックガラスフレーク」が採用されています。

足元には、マットブラック塗装とダークスモークメッキナットが目を惹く18インチアルミホイールを装着。フロントマスクでは、ブラックエクステンション加飾のBi-Beam LEDヘッドランプが目を惹きます。

インテリアは、ブラウンの差し色やベージュのステッチを施した専用シート表皮が用意され、シックで高級感漂う仕立てになっています。

トヨタ C-HR
G-T“Mode-Nero Safety Plus Ⅲ”のインパネ

先進安全装備では「トヨタ・セーフティ・センス」の搭載はもちろん、「パノラミックビューモニター」「パーキングサポートブレーキ(前後方静止物・後方接近車両)」が採用されています。

●価格帯:272万5000円~305万5000円

塚田勝弘

この記事の著者

塚田勝弘

塚田勝弘 近影
1997年3月 ステーションワゴン誌『アクティブビークル』、ミニバン専門誌『ミニバンFREX』の各編集部で編集に携わる。主にワゴン、ミニバン、SUVなどの新車記事を担当。2003年1月『ゲットナビ』編集部の乗り物記事担当。クルマ、カー用品、自転車などを担当。2005年4月独立し、フリーライター、エディターとして活動中。一般誌、自動車誌、WEB媒体などでミニバン、SUVの新車記事、ミニバンやSUVを使った「楽しみ方の提案」などの取材、執筆、編集を行っている。