布カバーだけのギリギリショット。アウディ新型EVクーペSUV、デザインが見えた?

■「PPE」アーキテクチャを採用、航続は最大600km目指し開発

アウディは現在、新型フルエレクトリック・クロスオーバーSUV「Q6 e-tron」を開発中ですが、その派生クーペ「Q6 e-tronスポーツバック」市販型プロトタイプをカメラが捉えました。

アウディ, Q6 e-tron_002
アウディ, Q6 e-tron スポーツバック

キャッチしたプロトタイプは、カモフラージュのクラッディングはなく、完全フルヌードに布カバーをかぶせただけのギリギリショットです。

フロントガラスの中央には、ゴーグルを着用しているように見える細いストリップ、スポーティなヘッドライトの一部も露出しています。

アウディ, Q6 e-tron_007
アウディ, Q6 e-tron スポーツバック

フロントエンドは、ベースモデルと同じノーズをもっているようにみえ、メッシュパターンがエンボス加工されたパネルを装備。バンパー下部には唯一の開口部である台形の領域もうっすらと確認できます。

側面からみると、カバー越しからでも標準モデルと差別化された滑らかなルーフが見てとれます。これは貨物スペースを多少犠牲にする反面、スポーティなシルエットを手に入れられることになります。

内部では、インストルメントクラスターとは別に、センタースタックに取り付けられた大型ディスプレイを配置します。

市販型では「PPE」アーキテクチャを採用。次期アウディ「A6 e-tronセダン」および新世代のポルシェ「マカンEV」と共有します。パワートレインに関する情報は現段階ではないものの、シングルモーターとデュアルモーターのレイアウトで提供されるとみられ、最高出力590psとも噂される高性能「RS」も設定されると思われます。

兄弟モデルとなるポルシェ「マカン」と「Q6 e-tron」は最大350kWの速度で充電が可能で、500~600kmの航続距離を目指し開発がなされているといいます。

また、内蔵のトルクベクタリングとリアアクスルステアリング機能のおかげで、アウディやフォルクスワーゲンのMEBベースの電気自動車よりも動的な利点を提供してくれます。

Q6 e-tron市販型のワールドプレミアは、2023年内と予想されますが、スポーツバックが同時に発表されるかは不明です。

(APOLLO)

この記事の著者

APOLLO

APOLLO 近影
アポロニュースサービス代表取締役。1965年東京生まれ・世田谷区在住。通信社を経て1996年に独立、レンタルポジ&ニュース配信会社アポロニュースサービスを設立した後、2016年にはカーメディア「Spyder7」編集長に兼任、多数のメディアへ新車スパイショット配信も手掛けております。通信社入社と同時に新車スクープに関わり、これまで35年間、新型モデル開発を追い続け、現在は新車スクープ原稿を年間800本以上執筆、日本で一番新車スクープ記事を書く男としてギネス申請中!?