フォルクスワーゲンT-Rocがマイナーチェンジ。待望のスポーティ仕様「R」を追加

■内装の質感と先進性を向上し、先進安全装備もアップデート

2021年の輸入SUV販売台数1位に輝いたT-Crossに続き、2位にランクインしたのが、Cセグメント級SUVのフォルクスワーゲンT-Rocです。

全長4240×全幅1825×全高1590mmというサイズは、日本の道路や駐車場事情でも扱いやすいに収まっていて、フォルクスワーゲンらしい剛性感のある走りを享受できます。

フォルクスワーゲン T-Roc
マイナーチェンジを受けたフォルクスワーゲン T-Roc

2022年7月25日(月)、そのT-Rocがマイナーチェンジを受けました。同時に、ハイパフォーマンスグレードで、2.0TSIエンジンを積む「R」が日本に初上陸しています。

T-Rocは、欧州のデビューからわずか4年で、全世界累計販売台数が100万台を超えたというクロスオーバーSUVのベストセラーモデルの一つです。

フォルクスワーゲン T-Roc
マイナーチェンジ後のリヤビュー

先述したように、日本でも人気を集めていて、特徴的なエクステリアデザインや2トーンカラーが選択できる幅広いカラーバリエーションなどのデザインがとくに支持されているそうです。

フォルクスワーゲン T-Roc
マイナーチェンジで質感と先進性の向上が図られている

マイナーチェンジを受けた新型T-Rocは、ダッシュボードやドアトリムにステッチが施されたソフト素材やレザレットが新たに採用されたことで、質感が大幅に向上。また、インフォテイメントディスプレイがタブレットのように配置され、全車に標準装備されるデジタルメータークラスターやタッチコントロール式エアコンパネル、さらに新デザインのステアリングホイールなどによりモダンで先進的なインテリアに変身しています。

フォルクスワーゲン T-Roc
マイナーチェンジでスタイリッシュになった

エクステリアもリフレッシュされていて、クロスオーバーデザインがより印象的なスタイルになっています。前後バンパーのデザイン変更により表情豊かなフロントマスクを獲得し、リヤもより力強さを増しています。

ライトまわりのデザインも新しくなっています。フロントグリルには、エンブレムを挟んで左右に1本、LEDストリップが配置されたほか、フロントエプロンに新デザインの六角形のデイタイムランニングライトが備わったことで、革新的なイメージがより強調されています。

フォルクスワーゲン T-Roc
新設定された「R」

ハイパフォーマンス仕様として初めて設定された「T-Roc R」は、現行ラインナップのSUVでは、2021年に追加されたティグアンRに続くモデル。ティグアンの「R」は、ティグアンの中で約2割を超える人気グレードになっているそうで、T-Rocにも「R」の設定を望むユーザーの声が多かったそうです。

フォルクスワーゲン T-Roc
「R」のリヤビュー

新型「T-Roc R」は、前後デザインをはじめ、19インチアルミホイール、ブルーにペイントされた大型ブレーキキャリパーなど、数多くの専用アイテムにより精悍な佇まいが目を惹きます。

パワーユニットは、300PSを誇る2.0TSIエンジンで、2000rpmの低回転域から400Nmの強大なトルクを発生し、0-100km加速は4.9秒(欧州参考値)。組み合わされるトランスミッションは7速DSGで、駆動方式は4WDになります。足まわりには、専用スポーツサスペンションなどが用意されます。

フォルクスワーゲン T-Roc
「R」のリヤビュー

今回のマイナーチェンジにより、最新の運転支援システムや快適装備が数多く標準化されています。同一車線内全車速運転支援システム「Travel Assist」をはじめ、緊急時停車支援システム「Emergency Assist」”は、ドライバーが意識を失うなど運転操作ができない状態をシステムが検知すると、警告音と警告表示により注意喚起を行い、最終的には同一車線内にて車両を停止させることが可能です。

フォルクスワーゲン T-Roc
「R」のインパネ

こうした新型T-Rocで初採用となる運転支援システムに加えて、駐車時にステアリング操作を自動で行い、安全な駐車をサポートする駐車支援システム「Park Assist」などの運転支援システムも全車に標準装備。快適装備では、9.2インチの大型ディスプレイを搭載する純正インフォテイメントシステムの「Discover Pro」が採用されています。

グレードは、「Travel Assist」や「Park Assist」などが標準装備になる「TSI Active」をエントリーグレードとして設定。LEDマトリックスヘッドライト「IQ.LIGHT」やパワーテールゲート(挟み込み防止機能付、Easy Open & Easy Close機能付)が標準装備される「TSI Style/TDI Style」「R-Line」専用エクステリアやシートをはじめ、18インチアルミホイールが備わる「TDI R-Line」、そしてT-Rocで唯一のフルタイム4輪駆動の「4MOTION」になり、アダプティブシャシーコントロール「DCC」も標準装備される新設定の「R」が最上級グレードになります。

フォルクスワーゲン T-Roc
「R」の専用アルミホイール

設定されるボディカラーは、新色の「ペトローリアムブルーメタリック」をはじめ、「アスコットグレー」や「パイライトシルバーメタリック」「キングズレッドメタリック(有償オプションカラー)」のほか、新型「T-Roc」専用色として「ラピスブルーメタリック(有償色)」を含む計9色となります。

ボディカラーによって、ルーフカラーをブラックもしくはホワイトに選択することも可能で、全部で14とおりの多彩なコーディネイトの中から選択できます。

フォルクスワーゲン T-Roc
マイナーチェンジ後のキャビン

マイナーチェンジ前の「T-Roc」は、フォルクスワーゲンらしい質実剛健というイメージで、少し色気が欲しいところでしたが、質感と先進性を高めたインテリア、そして待望のスポーツバージョン「R」の新設定により、競争が激化しているCセグメント級SUVでさらに存在感を高めるのは間違いありません。

●価格
TSI Active(1.5L TSI):394万3000円
TSI Style(1.5L TSI):417万9000円
TDI Style(2.0L TDI):439万3000円
TDI R-Line(2.0L TDI):460万9000円
R(2.0L TSI):626万6000円

塚田 勝弘

この記事の著者

塚田勝弘

塚田勝弘 近影
1997年3月 ステーションワゴン誌『アクティブビークル』、ミニバン専門誌『ミニバンFREX』の各編集部で編集に携わる。主にワゴン、ミニバン、SUVなどの新車記事を担当。2003年1月『ゲットナビ』編集部の乗り物記事担当。クルマ、カー用品、自転車などを担当。2005年4月独立し、フリーライター、エディターとして活動中。一般誌、自動車誌、WEB媒体などでミニバン、SUVの新車記事、ミニバンやSUVを使った「楽しみ方の提案」などの取材、執筆、編集を行っている。