ホンダ アコード次期型、特許画像が流出。「HR-V」風メッシュグリルを装備  

■最新世代のフルデジタルインストルメントクラスターやインフォテインメントを搭載

ホンダが開発中のフラッグシップセダン、「アコード」次期型の特許画像がリークされました。

ホンダ アコード_003
ホンダ アコード 次期型 特許画像

初代アコードは1976年に3ドアハッチバックとし発売、10代目となる現行型は2020年に日本で発売されましたが、北米では2017年に発売、すでに5年が経過しています。

ホンダ アコード_004
ホンダ アコード 次期型 特許画像

先日はKOLESAL.RUから協力を得た予想CGを入手しましたが、やはり若干異なったデザインが見てとれます。フロントエンドにはシビック新型風のスリムなヘッドライトを装備しているほか、北米仕様の「HR-V」風のメッシュグリルが確認できます。ただしHR-Vとは異なり、アコード新型ではヘッドライトがグリルに接続されていることから、よりスポーティな仕上がりです。

側面から見ると全体的シルエットはVW「パサート」を彷彿させます。現行型と比較するとドア上部のショルダーラインと、ロッカーパネルの沿ったシンプルなキャラクターラインが配置されています。また後部では、より低いバンパーと、全幅に広がるLEDストリップテールライトを装備しているのも注目でしょう。

キャビン内では、最新世代のフルデジタルインストルメントクラスター、Apple CarPlayやAndroid Autoに対応する最新のインフォテイメントシステムを搭載します。

改良新型では現行プラットフォームを維持、パワートレインは、最高出力192psを発揮する1.5リットル直列4気筒ターボ、最高出力252psを発揮する2.0リットル直列4気筒ターボ、最高出力212psを発揮する2.0リットル直列4気筒+電気モーターのハイブリッドのラインアップが予想されます。

アコード次期型のワールドプレミアは、2023年内に期待できそうです。

(APOLLO)

 

この記事の著者

APOLLO

APOLLO 近影
アポロニュースサービス代表取締役。1965年東京生まれ・世田谷区在住。通信社を経て1996年に独立、レンタルポジ&ニュース配信会社アポロニュースサービスを設立した後、2016年にはカーメディア「Spyder7」編集長に兼任、多数のメディアへ新車スパイショット配信も手掛けております。通信社入社と同時に新車スクープに関わり、これまで35年間、新型モデル開発を追い続け、現在は新車スクープ原稿を年間800本以上執筆、日本で一番新車スクープ記事を書く男としてギネス申請中!?