メルセデス・ベンツGLCのクーペ新型はルーフがより滑らかに進化

■GLC同様に直列4気筒エンジンのみを提供

メルセデス・ベンツ GLC_002
メルセデス・ベンツ GLC クーペ 予想CG

メルセデス・ベンツは、6月に入り主力クロスオーバーSUV「GLC」新型を発表しましたが、その派生モデルとなる「GLCクーペ」次期型を大予想しました。

先日、GLCクーペ開発車両の実車を初めてキャッチしましたが、そのプロトタイプをベースにKOLESA.RUが予想CGを制作しました。

メルセデス・ベンツ GLC_003
メルセデス・ベンツ GLC クーペ 予想CG

基本的にはGLC新型に基づいたデザインが採用、フロントエンドからBピラーにかけてGLCのデザインが反映されています。リアエンドでは、より滑らかになったルーフライン、刷新された捉えたスポイラーがスポーティさを高めています。

メルセデス・ベンツ GLC_006
メルセデス・ベンツ GLC クーペ 改良新型プロトタイプ

パワートレインは、ベースとなるGLC同様に直列4気筒エンジンのみを提供。最高出力258ps、最大トルク400Nmを発揮する2.0リットル直列4気筒ガソリンターボにマイルドハイブリッド技術を導入した「GLC300」、最高出力380psを発揮する2.0リットル直列4気筒+電気モーターのプラグインハイブリッドなど、電動化が強化されます。またFWDモデル、AWDモデル両方に9速オートマチックギアボックスのみが組み合わされます。

GLC新型では、ボディがわずかに拡大されたが、GLCクーペでも同様に変更がなされるはずです。GLCクーペ次期型のワールドプレミアは、2022年内と予想されます。

(APOLLO)

この記事の著者

APOLLO

APOLLO 近影
アポロニュースサービス代表取締役。1965年東京生まれ・世田谷区在住。通信社を経て1996年に独立、レンタルポジ&ニュース配信会社アポロニュースサービスを設立した後、2016年にはカーメディア「Spyder7」編集長に兼任、多数のメディアへ新車スパイショット配信も手掛けております。通信社入社と同時に新車スクープに関わり、これまで35年間、新型モデル開発を追い続け、現在は新車スクープ原稿を年間800本以上執筆、日本で一番新車スクープ記事を書く男としてギネス申請中!?