ジープ・レネゲードにブラック系の加飾が施された特別仕様車「ナイトイーグル」を設定

■18インチにサイズアップされたグロスブラックアルミホイールを用意

ジープのコンパクトSUVであるレネゲードは、フィアット500Xと同じプラットフォームを使いながら、小さくてもジープらしいタフさを醸し出しています。1331ccの直列4気筒エンジンに、6速デュアルクラッチトランスミッションを搭載。FFをベースに、限定車などで4WDが設定されているほか、プラグインハイブリッドの4WDモデル「4xe」も用意されています。

ジープ・レネゲード
ジープ・レネゲードの特別仕様車「ナイトイーグル」

そのレネゲードに特別仕様車が登場しました。2022年7月23日(土)から販売される「Renegade Night Eagle(レネゲード・ナイトイーグル)」は、2021年9月にも設定されたことがある人気の仕様です。

ベース車は、充実装備が魅力の「Longitude(ロンジチュード)」。エクステリアは、フロントグリル全体がダークな色調でコーディネイトされたブラックグリル、グロスブラックのドアミラーなどによりシックな仕立てになっています。

ジープ・レネゲード
18インチにサイズアップされた専用アルミホイール

足元は、18インチにサイズアップされたグロスブラックアルミホイールにより、モダンなムードを醸し出しています。ディテールにもこだわりが貫かれていて、ブラックの「Jeep」バッジ、グラナイト仕上げの「Night Eagle」バッジなどもダークなカラーでコーディネイト。

ジープ・レネゲード
ボディカラーは「スティンググレー」

設定されるボディカラーは、メタリックテイストあふれる「スティンググレー」で、カタログモデルとはひと味違ったジープの世界観が演出されています。ほかにも人気カラーの「アルパインホワイト」も設定されています。インテリアは、ステアリングホイールやエアコン吹き出し口、スピーカートリムなどにグロスブラックのアクセントカラーが配され、大人っぽい上質な仕上がりになっています。

ジープ・レネゲード
シルバーのステッチが備わる

さらに、シルバーのアクセントステッチが施されたファブリックシート、高さ調整が可能なカーゴフロアが特別装備されるなど、デザイン性の高さに加え、利便性の向上も図られています。

ほかの装備はベース車に準じていて、7インチタッチパネル付オーディオシステム「Uconnect」、オートエアコン、エレクトロニックパーキングブレーキなどの快適装備のほか、車線から逸脱しそうになった際に注意を喚起する「LaneSense車線逸脱警報プラス」、車庫入れの際に重宝する「ParkViewリヤバックアップカメラ」、安全な車線変更をサポートする「ブラインドスポットモニター」など、安全装備も充実しています。

ジープ・レネゲード
安全装備も充実している

全長4255×全幅1805×全高1695mmというコンパクトサイズによる取り回しの良さに加えて、ジープらしい存在感が強調された特別仕様車の再登場です。

●価格:361万円

塚田 勝弘

この記事の著者

塚田勝弘

塚田勝弘 近影
1997年3月 ステーションワゴン誌『アクティブビークル』、ミニバン専門誌『ミニバンFREX』の各編集部で編集に携わる。主にワゴン、ミニバン、SUVなどの新車記事を担当。2003年1月『ゲットナビ』編集部の乗り物記事担当。クルマ、カー用品、自転車などを担当。2005年4月独立し、フリーライター、エディターとして活動中。一般誌、自動車誌、WEB媒体などでミニバン、SUVの新車記事、ミニバンやSUVを使った「楽しみ方の提案」などの取材、執筆、編集を行っている。