アルピーヌA110に「ツール・ド・コルス75」が登場。伝説のラリーにちなんだ鮮烈なイエローボディ

■「ジョントゥルヌソル」と「ノワールプロフォンメタリック」の専用2トーンカラーを設定

マイナーチェンジを受けたアルピーヌA110に、近く限定車の「ツール・ド・コルス75」が日本導入されます。導入時期は後日改めて発表されるそうです。

限定車の「ツール・ド・コルス75」の車名は、1956年にコルシカ島で初開催された「ラリーツール・ド・コルス」に由来します。

アルピーヌA110 ツール・ド・コルス75
「アルピーヌA110 ツール・ド・コルス75」のエクステリア

地中海に浮かぶフランスのコルシカ島は、「美の島(Ile de Beauté)」と呼ばれる美しい風景で有名で、世界的なラリーの開催地としてもその名を知られています。伝統あるラリーイベントである「ラリーツール・ド・コルス」は、「1万のコーナーを持つラリー」といわれるほど、延々とコーナーが続くコースが特徴。

先代のアルピーヌA110は、同ラリーで1968年、1970年、1972年、1973年と4回も優勝を成し遂げています。ラリーファンの記憶に強く残っているのは、アルピーヌが激闘の末に2位となった1975年のラリーでしょう。

アルピーヌA110 ツール・ド・コルス75
「アルピーヌA110 ツール・ド・コルス75」の走行シーン

同年、黄色を基調とした印象的なカラーをまとった先代アルピーヌA110は、パワーで勝り先行するライバルに対し、軽量なボディと優れたハンドリングを武器に戦いました。驚異的な追い上げを見せ、優勝まであと一歩というところまで迫っています。

結果は2位と勝利にはわずかにおよびませんでしたが、ハイパワーモデルをギリギリまで追い詰めたこの戦いは、記憶に残るラリーとして今でも語られているほどです。

アルピーヌA110
初代アルピーヌA110の走行シーン

この際の黄色を基調としたカラーリングは、ル・マンで優勝した「A442B」や最初のF1マシン「RS01」に引き継がれ、アルピーヌ/ルノーのモータースポーツ史上非常に重要なカラーとなっています。このスペシャルな限定車は、「ジョントゥルヌソル」と「ノワールプロフォンメタリック」の専用2トーンカラーを設定。

アルピーヌA110 ツール・ド・コルス75
「アルピーヌA110 ツール・ド・コルス75」のリヤビュー

ほかにも、専用デカールや「ブリリアントホワイト」のグランプリ・ホイールなど、1975年のラリーツール・ド・コルスを戦った先代アルピーヌA110を想起させるカラーリングが施されています。

俊敏性と快適性をバランスさせ、正確なハンドリングをもたらすアルピーヌシャシーに、最高出力300psのハイパワーエンジンが組み合わされた「アルピーヌA110 ツール・ド・コルス75」は、シーンを問わず鮮烈な存在感を発揮しながら、軽快かつパワフルな走りを享受できるはずです。

※写真は欧州仕様です。

塚田勝弘

この記事の著者

塚田勝弘

塚田勝弘 近影
1997年3月 ステーションワゴン誌『アクティブビークル』、ミニバン専門誌『ミニバンFREX』の各編集部で編集に携わる。主にワゴン、ミニバン、SUVなどの新車記事を担当。2003年1月『ゲットナビ』編集部の乗り物記事担当。クルマ、カー用品、自転車などを担当。2005年4月独立し、フリーライター、エディターとして活動中。一般誌、自動車誌、WEB媒体などでミニバン、SUVの新車記事、ミニバンやSUVを使った「楽しみ方の提案」などの取材、執筆、編集を行っている。