エレクトリック・ポルシェ マカン。シンプルなエクステリアデザインが判明

■「PPE」アーキテクチャ採用でアウディ「Q6 e-tron」や「A6 e-tron」と兄弟モデルに

ポルシェは現在、エントリークロスオーバーSUV「マカン」次期型EVを開発していますが、その市販型予想デザインを入手しました。

ポルシェ マカンEV_001
ポルシェ マカンEV 予想CG

ポルシェは2020年、「Porsche Unseen」と名付けられた未発表モデルのデザインを13台以上発表しました。注目はその一連の画像の中に、マカン次期型EVらしきクレイモデルが「故意」に写り込んでいたことです。

そして今回KOLESA.RUは、そのクレイモデルを忠実にCGで再現しています。
ポルシェ マカンEV_002
ヘッドライトは、EVサルーン「タイカン」新型で採用予定の新LEDデイタイムランニングライトを備えるコンパクトなデザインに。現行モデルにはバンパー上部に大型エアインテークが配置されていますが、次期型ではEVモデルらしく完全閉鎖され、下部に吸気口を備えています。

またコーナーエアインテークもかなりコンパクトにされていることがわかります。後部では、よりスリムでスポーティなLEDストリップテールライトを装備、EVのためバンパーにエキゾーストパイプは見当たりません。

コクピットのクラスターには3つの円形ゲージがあり、中央にスピードメーターを配置、左側の表示は現在タイヤの空気圧が表示されています。右側にはなにやらエラーが映されていますが、開発車両ではよく見られることです。

ギアセレクターは「タイカン」や次世代「パナメーラ」のようなダッシュボード上の小さなスイッチではありません。これまで次期型マカンは、タイカンのコクピットデザインを継承すると思われていましたが、差別化されるようです。

ポルシェ マカンEV_005
ポルシェ マカンEV プロトタイプ

そのほか、3本スポークステアリングホイールの水平セクションには多機能コンソールを装備。サーキュラードライブモードは右下に配置されています。またインフォテインメントディスプレイにはポルシェエンブレムの「H」と「E」が表示されていることにも気づきます。

次期型マカンは、VWグループの新しいプレミアムプラットフォーム「PPE」アーキテクチャを採用、アウディ「Q6 e-tron」や「A6 e-tron」と共有します。バッテリーは2つのサイズが用意され、どちらも急速充電用の800Vテクノロジーを装備。上位モデルは全輪駆動となります。

マカンEVは2022年内の登場が予想され、数年間はICEのマカンと併売されますが、2024年からはICEモデルを段階的に廃止していく予定です。

(APOLLO)

 

この記事の著者

APOLLO

APOLLO 近影
アポロニュースサービス代表取締役。1965年東京生まれ・世田谷区在住。通信社を経て1996年に独立、レンタルポジ&ニュース配信会社アポロニュースサービスを設立した後、2016年にはカーメディア「Spyder7」編集長に兼任、多数のメディアへ新車スパイショット配信も手掛けております。通信社入社と同時に新車スクープに関わり、これまで35年間、新型モデル開発を追い続け、現在は新車スクープ原稿を年間800本以上執筆、日本で一番新車スクープ記事を書く男としてギネス申請中!?