「今年後半に自動車の世界を征服する」。2000馬力のガルウィングSUV「ドラゴン」発売へ

■その名は「ドラゴン」。最高速度321km/h、0-100km/h加速はわずか1.9秒

シリコンバレーを拠点とる振興EVメーカーの「Drako Motors」(ドラコモータース)は、新型クロスオーバーSUVを予告、そのティザーイメージを初公開しました。

ドラコ ティザーイメージ_004
ドラコ ドラゴンSUV ティザーイメージ

ドラコは2019年、4基の電気モーターを搭載、最高出力1,200psを発揮するハイパーカー「ドラコGTE」を発表、第2のテスラとして注目を集めています。

ドラコ ティザーイメージ_001
ドラコ ドラゴンSUV ティザーイメージ

そのドラコが新型のハイパワースーパーSUVを計画しています。ティザーイメージからは、「ドラコGTE」からインスピレーションを得たヘッドライト、フードデザイン、フロントバンパーの一部が見てとれます。

最も特徴的なのはガルウィングドアで、大量のカーボンファイバーが採用されているといいます。

市販型では、同社の「Drako DriveOS」アーキテクチャに乗り、DriveOSクワッドモーターを搭載、3段階のサスペンションを持ち、4モーターのセットアップからは最高出力2,000psを叩き出します。

最高速度は321km/h、0-100km/h加速はわずか1.9秒とテスラ「モデルS Plaid」と同等の動力パフォーマンスを誇ります。

ドラコ ティザーイメージ_002
ドラコ ドラゴンSUV ティザーイメージ

インテリアの画像は未公開ですが、ドラコはキャビンを上質なレザーで仕上げると言い、 「EVパワートレインによって可能になるパッケージとデザインの自由を利用する」ことで、最大5人まで乗車可能だといいます。

同社によれば、ドラゴンSUVは「今年後半に自動車の世界を征服する」と語り、間もなく予約が開始されるようです。ランボルギーニウルス、ベントレーベンテイガ、そのほかの高価なパフォーマンスSUVを凌駕することができるのか、要注目でしょう。

(APOLLO)

この記事の著者

APOLLO

APOLLO 近影
アポロニュースサービス代表取締役。1965年東京生まれ・世田谷区在住。通信社を経て1996年に独立、レンタルポジ&ニュース配信会社アポロニュースサービスを設立した後、2016年にはカーメディア「Spyder7」編集長に兼任、多数のメディアへ新車スパイショット配信も手掛けております。通信社入社と同時に新車スクープに関わり、これまで35年間、新型モデル開発を追い続け、現在は新車スクープ原稿を年間800本以上執筆、日本で一番新車スクープ記事を書く男としてギネス申請中!?