史上最強のBMW M5が来る。最大750馬力のモンスターセダン

■新開発の4.4リットルV型8気筒ツインターボを「XM」と共有

BMWが現在開発中のハードコアセダン「M5」次期型の最新プロトタイプをカメラが捉えました。

BMW M5_001
BMW M5 次期型 PHEV プロトタイプ

最新プロトタイプは、フロントドアに「Hybrid Test Vehicle」(ハイブリッドテスト車両)のステッカーを貼り、両方のリアフェンダーに燃料キャップがあることから、このプロトタイプがプラグインハイブリッドである可能性が高いです。

PHEVに関しては、BMW「M」ワークショップマネージャーであるハンス・ラーン氏が、オーストラリアのカーメディアにその存在を認めています。

BMW M5_008
BMW M5 次期型 PHEV プロトタイプ

またヘッドライトとテールライトは、プレースホルダー(ダミーコンポーネント)ですが、固定された頑丈なホイールアーチ、クワッドエキゾーストパイプを装備、足回りの巨大ブレーキなどからもハードコアモデル「M5」だと判断できます。

BMW M5_005
BMW M5 次期型 PHEV プロトタイプ

わずかに見える内部には、12.3インチのデジタルインストルメントクラスターと、14.9インチのインフォテイメントシステムで構成されるカーブドディスプレイが搭載されている様子が濃厚なほか、ミニマリストのギアシフターを装備するはずです。

パワートレインは、新開発の4.4リットルV型8気筒ツインターボガソリンエンジンを「XM」と共有、デュアル電気モーターと組み合わせたプラグインハイブリッドが有力で、最高出力650ps・最大トルク800Nmは確実と見られており、EV航続は80kmになるといいます。また噂では、最高出力750psを発揮する、より強力なトップモデルも設定されると予想されます。

M5次期型のワールドプレミアは、2023年内、あるいは2024年初頭まで待つことになるでしょう。

(APOLLO)

この記事の著者

APOLLO

APOLLO 近影
アポロニュースサービス代表取締役。1965年東京生まれ・世田谷区在住。通信社を経て1996年に独立、レンタルポジ&ニュース配信会社アポロニュースサービスを設立した後、2016年にはカーメディア「Spyder7」編集長に兼任、多数のメディアへ新車スパイショット配信も手掛けております。通信社入社と同時に新車スクープに関わり、これまで35年間、新型モデル開発を追い続け、現在は新車スクープ原稿を年間800本以上執筆、日本で一番新車スクープ記事を書く男としてギネス申請中!?