ウルス風吸気口装備? VWティグアン次期型、EVモデルをスクープ

■標準モデルにいくつかの改良を加えた市販型ボディパネルで登場

フォルクスワーゲン(VW)は現在コンパクト・クロスオーバーSUV「ティグアン」次期型を開発をしていますが、その最新プロトタイプをカメラが捉えました。

VW ティグアン_006
VW ティグアン 次期型プロトタイプ

初代ティグアンは2008年に登場。2011年の大幅改良を経て、2016年に現行型となる第2世代へバトンタッチされました。2020年には「eHybrid」の追加や大幅改良がなされ、いよいよ3代目へ世代交代となります。

VW ティグアン_010
VW ティグアン 次期型プロトタイプ

今年4月に捉えたプロトタイプは「ティグアン オールスペース」のテストミュールでしたが、今回アルプスで捉えたプロトタイプは、標準モデルにいくつかの改良を加えたものです。

エクステリアで明らかな変更は、完全に密封されたグリルで、エキゾーストパイプも見当たらないことからフルエレクトリックバージョンと思われます。

さらにフロントバンパーを見ると、ランボルギーニ「ウルス」を彷彿させるアグレッシブなエアロコンポーネントが装着されているほか、頑丈なサイドスカートも見てとれます。

市販型では、全幅に及ぶLEDヘッドライト、丸みを帯びたシルエットなど、おそらく「ID」ファミリーからいくつかのデザインを継承することになるでしょう。

キャビン内には、フルデジタル化されたコクピットと高度なヘッドアップディスプレイを搭載、VWグループの最新ADASと安全機能など大きな進化が見込まれています。

なお、専用の「MEB」アーキテクチャではなく「MQBEvo」プラットフォームの進化系に基づくと見られており、エントリーレベルにマイルドハイブリッドのパワートレインを搭載、低コストで提供するほか、メインモデルにプラグインハイブリッドを配置、上位モデルにフルエレクトリックモデルがラインアップされると予想されます。

ティグアン次期型のデビューは2024年内とみられ、ロングホイールベースの「オールスペース」と合わせ2つのタイプで提供されます。

(APOLLO)