セカンドカーのニーズを満たす日産サクラが、発表3週間で1万1000台を超える受注を獲得

■50代〜70代が購入の中心層だが、10代の若いユーザーも振り向かせる

バッテリーEVの日産サクラが好調なスタートを切っています。5月20日の発表から約3週間で1万1429台の受注を集めたそうです(6月13日時点)。なお、発売日は6月16日となっています。

近年、軽自動車の販売ランキングでトップを快走しているのはホンダN-BOX。軽の王者は、2022年5月は8670台を販売しています(全国軽自動車協会連合会調べ)。

日産サクラ
日産サクラのエクステリア

N-BOXを超える受注を集めている日産サクラ。グレード別比率を見ると、中間仕様の「X」が61%、最上級の「G」が36%、エントリーグレードの「S」が3%。

人気装備は「アラウンドビューモニター」で、7割以上の人が選んでいるそう。

ボディカラーは、ホワイトパールが1番人気で21%、「ホワイトパール/チタニウムグレー 2トーン」が15%、シーズンズカラーである「暁-アカツキ-サンライズカッパー/ブラック 2トーン」が12%、「スターリングシルバー」が9%、「ブラック」が7%、そのほかが36%となっています。

日産サクラ
日産サクラのリヤビュー

年代別比率は、60代が最も高くて26%、50代が24%、70代〜が21%、40代が18%、10代が11%と続いています。

オーダーした人の特徴は、セカンドカー、サードカーなど、2台目以降の複数所有車の人、以前からEVに興味を持っている人、ガソリン車からの代替えニーズも多いそう。

また、先述したように、60代、70代の人が多く指名しているだけでなく、先進技術装備の充実をきっかけに、若い世代も含めた幅広い層から支持されています。

日産サクラ
質感の高いインテリアも特徴

日産サクラの好評点は、軽自動車ならではの小回り性能に加え、高い静粛性や力強くなめらかな加速、上質で洗練されたデザインをはじめ、広いキャビンや日常使いに十分な航続距離などとなっているそうです。

日産サクラ
「プロパイロット」の採用も高く評価されている

ほかにも、高速道路の単一車線での運転支援技術「プロパイロット」や、駐車時にステアリング、アクセルとブレーキ、シフトチェンジ、パーキングブレーキのすべてを自動で制御する「プロパイロット パーキング」などの先進技術も多くの支持を集めていて、発表から約3週間で1万1000台超となる受注台数につながったと分析しているようです。

塚田 勝弘

この記事の著者

塚田勝弘

塚田勝弘 近影
1997年3月 ステーションワゴン誌『アクティブビークル』、ミニバン専門誌『ミニバンFREX』の各編集部で編集に携わる。主にワゴン、ミニバン、SUVなどの新車記事を担当。2003年1月『ゲットナビ』編集部の乗り物記事担当。クルマ、カー用品、自転車などを担当。2005年4月独立し、フリーライター、エディターとして活動中。一般誌、自動車誌、WEB媒体などでミニバン、SUVの新車記事、ミニバンやSUVを使った「楽しみ方の提案」などの取材、執筆、編集を行っている。