内外装のプレミアム感を高めた200台限定車「Audi TT Coupe S line competition plus」が登場

■S lineパッケージやバーチャルコックピットプラスなどを装備

アウディは、プレミアムコンパクトスポーツクーペのTTに、200台限定の「Audi TT Coupe S line competition plus」を設定し、2022年5月30日(月)に発売しました。

同限定車は、2020年に発売された限定車の「Audi TT Coupe S line competition」をさらに進化させたモデル。

アウディTT
200台限定の「Audi TT Coupe S line competition plus」

ベース車は「Audi TT Coupe 45 TFSI quattro」で、最高出力245PS・最大トルク370Nmを発揮する2.0Lの直噴ガソリンターボが搭載されています。

トランスミッションは7速Sトロニック(デュアルクラッチ)で、駆動方式はquattro(クワトロ)4輪駆動システムになります。

エクステリアには、車名からも分かるように「S lineパッケージ」をはじめ、「ブラックAudi rings &ブラック ハイグロス スタイリング パッケージ」をベースに、TTRSデザインのリヤスポイラーや「Audi Sport」製5アームRSデザイン19インチアルミホイールを用意。

アウディTT
専用アルミホイール、レッドブレーキキャリパーを備える

さらに、レッドのカラードブレーキキャリパーやブラックテールパイプ、「フォーリングスサイドデカール」が備わり、スポーティなムードが強調されています。

アウディTT
ボディカラーによりインテリアカラーが変更される

走行状況に合わせてダンパーの減衰力を制御し、快適な乗り心地と優れたドライビングダイナミクスを両立するという「アウディマグネティックライド」も装備されていて、走りの質感も高められています。

インテリアもスポーティな仕立てになっています。レザー仕様のドアアームレストとセンターコンソール、アルカンターラ素材のシフトノブを装備。

「RSデザインパッケージ」のダイヤモンドパターンのアルカンターラとレザーがコーディネイトされた「Sスポーツシート」も目を惹きます。

アウディTT
TTRSデザインのリヤスポイラーを備える

シートステッチ、センターコンソールトリム、エアコンリングは、ボディカラーにより、レッドもしくはブルー基調になります。さらに、センターレブカウンター表示のスポーツモードを備える「バーチャルコックピットプラス」が採用されるなど、特別装備も多く用意されています。

加えて、「コンフォートパッケージ(シートヒーター、センターアームレスト、アウディサイドアシスト、アウディパーキングシステム、リヤビューカメラ、アウディホールドアシスト、エクステンデッドアルミニウムルックインテリア)」やマトリクスLEDヘッドライト、クルーズコントロール、プライバシーガラスなどの人気アイテムを標準化しています。

ボディカラーは、「グレイシアホワイトメタリック」「クロノスグレーメタリック」「タンゴレッドメタリック」「ターボブルー」の4色が設定され、計200台の限定販売となります。

アウディTT
「Audi TT Coupe S line competition plus」のシート

アウディのスポーティイメージを引き上げているTTの中でもプレミアム感が高められた「Audi TT Coupe S line competition」は、ベース車譲りのスポーツ性能も魅力で、ファン必見の1台となっています。

●価格:771万円

塚田 勝弘

この記事の著者

塚田勝弘

塚田勝弘 近影
1997年3月 ステーションワゴン誌『アクティブビークル』、ミニバン専門誌『ミニバンFREX』の各編集部で編集に携わる。主にワゴン、ミニバン、SUVなどの新車記事を担当。2003年1月『ゲットナビ』編集部の乗り物記事担当。クルマ、カー用品、自転車などを担当。2005年4月独立し、フリーライター、エディターとして活動中。一般誌、自動車誌、WEB媒体などでミニバン、SUVの新車記事、ミニバンやSUVを使った「楽しみ方の提案」などの取材、執筆、編集を行っている。