ケンウッドから彩速ナビと連携可能なドライブレコーダー「DRV-MN970」が登場

■運転中にナビ画面で後方確認できるバーチャルルームミラーの機能も

JVCケンウッドは、「ケンウッド」ブランドから前後2カメラドライブレコーダーの「DRV-MN970」を2022年7月上旬に発売します。

同機の特徴は、ケンウッド「彩速ナビ」の2022年モデル「TYPE M」「TYPE S」「TYPE L」の全シリーズ、全ラインナップと連携可能な専用ドライブレコーダーである点です。

JVCケンウッド
前後2カメラドライブレコーダーの「DRV-MN970」

「DRV-MN970」はカーナビ本体の高精度自車位置情報が活かされた測位記録をはじめ、ナビ画面のタッチ操作による各種映像表示に対応します。

ナビ本体の持つ高精度な自車位置情報(複数の衛星測位システムや6軸慣性センサー)をドライブレコーダーと連携させ、ナビの地図画面に録画映像を「PIP(ピクチャーインピクチャー)」で表示するとともに、自車の走行位置や走行軌跡の確認ができます。

さらに、運転中にナビ画面で後方を確認できるバーチャルルームミラー&サブリヤカメラ機能も搭載され、後方視界と安全面にも貢献。また、フロント、リヤカメラが従来品の「DRV-MN940/MN940B」から約40%小型化されたことにより、カメラを取り付けるフロント、リヤウインドウの視界をより広く確保することができます。

カメラのレンズは、水平角約128°、垂直約70°の広角レンズで、広い視野の撮影が可能。また、高感度CMOSセンサーとF2.8レンズの搭載により、高精細で鮮明な映像で撮影できます。前後カメラともに録画は、フルHDで記録できます。

JVCケンウッド
前後2カメラ式で、フルHDで記録できる

そのほか、露出を変えた複数の撮影画像を合成する「HDR(ハイダイナミックレンジ)」機能をフロントカメラに搭載。

逆光やトンネルの出入り口など、明暗差が激しい状況下でも白とびや黒つぶれを抑え、明瞭な映像を残せます。また、イベント記録や駐車録画の際の衝撃検知を可能とする前後、左右、上下の3軸Gセンサーが搭載されています。

衝突時などで電源が失われるアクシデント時であっても、バックアップ電源でファイルの破損を防ぐ「スーパーキャパシタ」の搭載も見逃せません。LED信号機の無点灯記録防止への対応、地上デジタル放送電波への干渉を抑えるノイズ低減の設計も盛り込まれています。

また、最大容量256GBまでのmicroSDカードに対応(最長173時間の録画可能)しています。2022年モデルの「彩速ナビ」を検討しているのなら、セットで同ドライブレコーダーを選択するのがオススメです。

●価格:オープン
●市場推定価格:4万4000円前後

塚田勝弘

この記事の著者

塚田勝弘

塚田勝弘 近影
1997年3月 ステーションワゴン誌『アクティブビークル』、ミニバン専門誌『ミニバンFREX』の各編集部で編集に携わる。主にワゴン、ミニバン、SUVなどの新車記事を担当。2003年1月『ゲットナビ』編集部の乗り物記事担当。クルマ、カー用品、自転車などを担当。2005年4月独立し、フリーライター、エディターとして活動中。一般誌、自動車誌、WEB媒体などでミニバン、SUVの新車記事、ミニバンやSUVを使った「楽しみ方の提案」などの取材、執筆、編集を行っている。