改良型BMW X5M、これが最後の非ハイブリッドか?

■最大617psを発揮する4.4リットルV型8気筒ツインターボエンジンを搭載

BMWは現在、ミッドサイズ・クロスオーバーSUV「X5」に設定されるハードコア「X5M」改良型を開発していますが、その最終デザインをプレビューしました。

BMW X5M_011
BMW X5M 改良型 予想CG

KOLESA.RUから提供された予想CGは、プロトタイプではまだ見られない、新設計LEDデイタイムランニングライトを備えるスリムなヘッドライト、グリル、メッシュパターンの大型コーナーエアインテーク、追加の吸気口などが描かれています。

また後部では3D効果を高めるため中央にくぼみを持たせたLEDテールライト、ディフューザーに隣接するM専用クワッドエキゾーストパイプなどを装備。以前ミュンヘン郊外で捉えたプロトタイプに基づいたデザインを忠実に描いており、現実味が高いといえます。

BMW X5M_010
BMW X5M 改良型 予想CG

内部では、BMW最新の「iDrive8」インフォテインメントシステムが搭載されると予想され、ダッシュボードは改良された8シリーズと同じく、より大型のディスプレイを備えたデュアルスクリーンセットアップが配置されるでしょう。

BMW X5M_002
BMW X5M 改良型プロトタイプ

ボンネットの下には、最高出力608psを発揮する4.4リットルV型8気筒ツインターボエンジンを搭載、コンペティションバージョンでは最大617psを発揮します。引き続き8速ATが組み合わされ、アクティブMディファレンシャルを備える「M xDrive」全輪駆動システムに動力が送られます。

X5M改良型のワールドプレミアは2022年後半、これが最後の非ハイブリッドX5Mとなることが濃厚です。

(APOLLO)

この記事の著者

APOLLO

APOLLO 近影
アポロニュースサービス代表取締役。1965年東京生まれ・世田谷区在住。通信社を経て1996年に独立、レンタルポジ&ニュース配信会社アポロニュースサービスを設立した後、2016年にはカーメディア「Spyder7」編集長に兼任、多数のメディアへ新車スパイショット配信も手掛けております。通信社入社と同時に新車スクープに関わり、これまで35年間、新型モデル開発を追い続け、現在は新車スクープ原稿を年間800本以上執筆、日本で一番新車スクープ記事を書く男としてギネス申請中!?