スリムなLEDを初採用。ポルシェ・カイエンクーペの改良型をスクープ

■911に触発された新しいギアシフターを装備

ポルシェの開発チームは、現在スカンジナビアで最後のウインターテストを行っていますが、クロスオーバー・クーペSUV「カイエン クーペ」市販型の最新プロトタイプをカメラが捉えました。

ポルシェ カイエンクーペ_002
ポルシェ カイエンクーペ 改良型プロトタイプ

現行型カイエンは2018年に登場、クーペは1年後に発売されており、初の大幅改良となります。

以前捉えたプロトタイプは、クワッドエキゾーストパイプを装備しており、ターボGTと思われましたが、今回はリアバンパー下部のディフューザーセクションの両側に長方形のエキゾーストシステムをインストールしていることからも、ベーシックモデルと思われます。

ポルシェ カイエンクーペ_009
ポルシェ カイエンクーペ 改良型プロトタイプ

捉えた最新プロトタイプは、これまでとカモフラージュも刷新、フロントエンドではタイカンのようなスリムで水平なLEDデイタイムランニングライトを装備、バンパーエアインテークの形状やサイズが新設計されています。

後部では、新設計のバンパーとリフトゲートを装備、厚い水平ストリップテールライトが配置されている可能性もありそうです。

キャビン内では、更新されたインフォテインメントシステム、デジタルダイヤル、911に触発された新しいギアシフター、および完全にデジタルのインストルメントクラスターを受け継ぐことが濃厚とされています。

パワートレインでの注目は、次世代パナメーラとPHEVパワートレインを共有し、航続が大幅に向上するより大きなバッテリーパックを搭載すると伝えられている点です。また、最高出力550psを発揮するカイエンターボの4.0リットルV型8気筒は、最高出力640ps・最大トルク850Nmへ強化されると噂されています。

カイエン改良型のデビューは、2022年後半、クーペは2023年内となりそうです。

(APOLLO)

この記事の著者

APOLLO

APOLLO 近影
アポロニュースサービス代表取締役。1965年東京生まれ・世田谷区在住。通信社を経て1996年に独立、レンタルポジ&ニュース配信会社アポロニュースサービスを設立した後、2016年にはカーメディア「Spyder7」編集長に兼任、多数のメディアへ新車スパイショット配信も手掛けております。通信社入社と同時に新車スクープに関わり、これまで35年間、新型モデル開発を追い続け、現在は新車スクープ原稿を年間800本以上執筆、日本で一番新車スクープ記事を書く男としてギネス申請中!?