メルセデス・ベンツGLC次期型を最速プレビュー!デザイン刷新

■「C300e」からプラグインハイブリッドシステムを流用

先日、メルセデス・ベンツGLC」次期型のサイドビューが完全露出したプロトタイプのスクープに成功しましたが、今度は次期型をCGでプレビューします。

メルセデスベンツ GLC_003
メルセデス・ベンツ GLC 次期型 予想CG

KOLESA.RUから協力を得た予想CGのフロントエンドでは、シングルバーを備えた新グリルを装備、L字型のLEDデイタイムランニングライト、二本のフィンを備えるコーナーエアインテークなどが確認できます。

メルセデス・ベンツ GLC_002
メルセデス・ベンツ GLC 次期型 予想CG

側面では、水平ではなく、後方へ向かい緩やかにキックアップするベルトラインを確認。

ドアハンドルはドアパネルのかなり下に配置され、後部のみキャラクターラインが配置されています。

後部では新設計のルーフスポイラー、コンパクトになった三角形のLEDテールライト、クワッドエキゾーストパイプが見てとれます。

パワートレインは、最新の「C300e」から25.4kWhのバッテリーパックを流用するPHEVを筆頭に、1.5リットル直列4気筒ガソリンエンジン+マイルドハイブリッド、2.0リットル直列4気筒ディーゼル+マイルドハイブリッドなどのラインアップが予想されます。

メルセデス・ベンツ GLC_005
メルセデス・ベンツ GLC 次期型 プロトタイプ

パフォーマンスモデルAMG「GLC 63」ではV型8気筒ツインターボを廃止し、2.0リットル直列4気筒エンジンとリアマウント電気モーターを備えた効率的なプラグインハイブリッドへ進化。最高出力は653psを超えると噂されています。

キャビン内では、12.3インチのデジタルインストルメントクラスターや、MBUXインフォテインメント用の11.9インチのインフォテインメントディスプレイなど、Cクラスと同様のレイアウトが採用されるはずです。

GLC次期型のデビューですが、2022年9月または10月が有力となっています。

(APOLLO)

この記事の著者

APOLLO

APOLLO 近影
アポロニュースサービス代表取締役。1965年東京生まれ・世田谷区在住。通信社を経て1996年に独立、レンタルポジ&ニュース配信会社アポロニュースサービスを設立した後、2016年にはカーメディア「Spyder7」編集長に兼任、多数のメディアへ新車スパイショット配信も手掛けております。通信社入社と同時に新車スクープに関わり、これまで35年間、新型モデル開発を追い続け、現在は新車スクープ原稿を年間800本以上執筆、日本で一番新車スクープ記事を書く男としてギネス申請中!?