メルセデスベンツ・Gクラスの最高峰「4×4スクエアード」新型、市販デザインが徐々に露出!

■フェンダーのカモフラージュが剥がされ開発は終盤に

メルセデス・ベンツが開発中のAMG「G500/G550 4×4スクエアード」後継モデル、最新プロトタイプをカメラが捉えました。

メルセデス AMG 4x4_007
メルセデス AMG 4×4 スクエアード 新型 開発車両

同モデルは2016年に「Gクラス」のフラッグシップとして登場。六輪駆動車「G63 AMG 6×6」の足回りなどを継承し、巨大な22インチホイールを装着、ポータルアスクルとリフトアップした車高を備え、地上高は224mm高い460mmという圧巻のボディが大きな特徴です。

さらにトラックを11.7インチワイドにすることにより安定性を向上させています。

メルセデス AMG 4x4_011
メルセデス AMG 4×4 スクエアード 新型 開発車両

厳冬のスカンジナビアでキャッチしたプロトタイプは、フェンダーのカモフラージュが剥がされ、ルーフラック上部、グリルと後部スペアタイヤの偽装のみとなっています。

グリル部分には3本の水平バーを装備、ヘッドライト周辺はボディカラーと同色ではなく、ブラック仕上げが予想されます。

またフロントガラス上部のカバーの下には、LEDライトバーが隠されていると思われるほか、フロントバンパーの下にはスキッドプレートが装備されます。

通常のGクラスと比較してフェンダーのフレアは広く、リフトアップされているように見えるのも特徴です。足回りでは、フロントアルミニウム製ウィッシュボーンとオフローダー用の巨大ブレーキ&レッドキャリパーが確認できます。

パワートレインは、AMG製4.0リットルV型8気筒ツインターボエンジンが予想され、最高出力は前世代の416psをはるかに超える585ps、最大トルク849Nmが期待できそうです。

AMGブランドから発売される予定の後継モデルは、価格の上昇も予想されています。第1世代の3510万円(日本での販売価格)を大きく超え、4000万円クラスになるとも伝えられており、「Gクラス」最高峰のモデルとして君臨するでしょう。

AMG「G500/G550 4×4スクエアード」新型モデルのワールドプレミアは、2022年内と予想されています。

(APOLLO)

この記事の著者

APOLLO

APOLLO 近影
アポロニュースサービス代表取締役。1965年東京生まれ・世田谷区在住。通信社を経て1996年に独立、レンタルポジ&ニュース配信会社アポロニュースサービスを設立した後、2016年にはカーメディア「Spyder7」編集長に兼任、多数のメディアへ新車スパイショット配信も手掛けております。通信社入社と同時に新車スクープに関わり、これまで35年間、新型モデル開発を追い続け、現在は新車スクープ原稿を年間800本以上執筆、日本で一番新車スクープ記事を書く男としてギネス申請中!?