プロトタイプを初スクープ!! ロールス・ロイス「ファントム」、最後のガソリンモデルを大幅改良へ

■ヘッドライトとグリルを新設計、ボディパネルに変更なし

ブランドのフラッグシップであるとともに「世界最高の車」と称される、ロールス・ロイスファントム」改良型の市販型プロトタイプを、カメラがはじめて捉えました。

ロールスロイス ファントム_001
ロールスロイス ファントム 改良型 プロトタイプ

先日は、同社初のフルエレクトリックモデル「スペクター」市販型プロトタイプを捉えたばかりですが、それはファントムを含む残りのモデルをアップデートしないという意味ではないようです。

ロールスロイス ファントム_011
ロールスロイス ファントム 改良型 プロトタイプ

ファントムは、1929年「ファトムI」として登場、以降「ファントムVI」が1991年に幕を閉じるまで販売されました。

その後ヴィッカース社が所有していたロールス・ロイスを買収したBMWが、2003年に最初に発売したモデルが「ファントムVII」で、現行モデル「ファントムVIII」は2017年に登場、これが初の大幅改良となります。

ドイツ・ミュンヘンのBMW施設付近で捉えたプロトタイプは、同社のマスコット「スピリット・オブ・エクスタシー」を外し、セルフべリングセンターキャップが塗りつぶされています。また新設計されているとみられるヘッドライト、グリルを除いてすべてのボディパネルは実質的に変更されていないようです。

後部では、エキゾーストパイプが開発途中である様子が伺えるものの、ほぼ同じスタイリングが保たれており、開発初期のプロトタイプであることがわかります。

現行型では、「アーキテクチャ・オブ・ラグジュアリー」オールアルミニウムスペースフレームアーキテクチャを導入。「カリナン」や「ゴースト」と共有しています。このプラットフォームは、電化を念頭に置いて開発されており、スペクター同様にBEVをサポートします。

改良型のパワートレインは、最高出力571ps・最大トルク900Nmを発揮する6.75リットルV型12気筒ツインターボエンジンをキャリーオーバーすると思われます。この改良型は2022年に登場し、2024年には電化バージョンへバトンタッチされる可能性が高いとみています。

(APOLLO)

この記事の著者

APOLLO

APOLLO 近影
アポロニュースサービス代表取締役。1965年東京生まれ・世田谷区在住。通信社を経て1996年に独立、レンタルポジ&ニュース配信会社アポロニュースサービスを設立した後、2016年にはカーメディア「Spyder7」編集長に兼任、多数のメディアへ新車スパイショット配信も手掛けております。通信社入社と同時に新車スクープに関わり、これまで35年間、新型モデル開発を追い続け、現在は新車スクープ原稿を年間800本以上執筆、日本で一番新車スクープ記事を書く男としてギネス申請中!?