東京国際カスタムカーコンテスト2022の受賞車を見てきた!Kカー・コンパクトカー部門編【東京オートサロン2022】

■東京オートサロン2022の来場者が選んだカスタムカーの人気投票

●Kカー・コンパクトカー部門はKカー・コンパクトカーの可愛らしさや特徴を生かして提案されたカスタムカーが対象

東京オートサロン2022の出展車両の中から、来場者の投票によってNo.1カスタムカーを決定するのが「東京国際カスタムカーコンテスト」です。各部門ごとに優秀賞2台、最優秀賞1台の計3台が選出され、最終日の1月16日(日)にトロフィーと記念の盾が贈られる表彰式が行われました。

東京国際カスタムカーコンテスト2022では、8つの部門が設定され、選出されたクルマたちは魅力的なものばかりです。今回はその中からKカー・コンパクトカー部門の受賞車を見ていきましょう。

●最優秀賞:FAFビーチバン(フォレスト・オート・ファクトリー FAF)

スバル360のバンをベースにカスタムした可愛らしい一台。

FAFビーチバン
FAFビーチバン

ルーフまでもウッド素材ですが、見てのとおりオープンルーフと大差ありません。

このルーフや内装に使う木材は埼玉県産で、地域の産業に貢献しているとのこと。これらの木材を多用することでリゾート感を倍増させています。

ラゲッヂのウッドは高級ボートなどに使うような見事なウッドフロアとなっています。

可愛らしさと、木のぬくもり。思わず顔がほころんでしまうカスタムカーです。

●優秀賞:エブリイ N’s × WALD ブラックバイソン(エヌズ・ステージ ジムニーワールド)

WALDとコラボしたエブリィですが、さすが!商用車っぽさは微塵もありません。

エブリイ N’s × WALD ブラックバイソン
エブリイ N’s × WALD ブラックバイソン

特にフィッシングギアとしてリファインされたエブリィのポイントはWALD製のフロントバンパー。

上下を短くしドライビングランプを埋め込んだフロントバンパーはジムニーにも通じるワイルド感があります。その下側には補器類をガードするアンダーガードを装備し、オフロード感を演出。

渓流釣りなどで深い山間に入っても走り抜けることができるというイメージでカスタムされています。

インテリアにもフィッシングギアとしての機能が満載で、特にルーフに備わるロッドホルダーはアングラーとしては重宝するものでしょう。

詳しいレポートは関連記事 エヌズ・ステージ(中ホール・4)はハードにカスタマイズされたジムニーを展示【東京オートサロン2022】 もご覧ください。

●優秀賞:BlueSky(FwK)

ジムニーをベースとしたBlueSkyは、一見するとハイリフトカスタムのジムニーに見えてしまうでしょう。

BlueSky
BlueSky

しかしFwKの方にお話をうかがうとリフトアップは1.5cmだけ。いやもっと、5cmくらいしていませんか? それくらいリフトアップしていると見えるその秘密は、バンパーです。

BlueSky
BlueSky

バンパーをノーマル形状に合わせながら、違和感のないように5cmほど薄くしたというのです。そのことにより最低地上高が上がって見え、リフトアップをしたような見え方をするのです。

BlueSky
BlueSky

フロントだけでなくリアのバンパーも薄くすることで、その効果は倍増。構造変更が必要になることもあるリフトアップを視覚効果でそれっぽく見せる、まさにアイデアもののカスタムです。

(写真・文:松永 和浩

【関連記事】

エヌズ・ステージ(中ホール・4)はハードにカスタマイズされたジムニーを展示【東京オートサロン2022】
https://clicccar.com/2022/01/15/1153009/

この記事の著者

松永 和浩

松永 和浩 近影
1966年丙午生まれ。東京都出身。大学では教育学部なのに電機関連会社で電気工事の現場監督や電気自動車用充電インフラの開発などを担当する会社員から紆余曲折を経て、自動車メディアでライターやフォトグラファーとして活動することになって現在に至ります。3年に2台のペースで中古車を買い替える中古車マニア。中古車をいかに安く手に入れ、手間をかけずに長く乗るかということばかり考えています。