ロールス・ロイス初のフルEVクーペ「スペクター」市販型、ついにデザインが見えた!

■BMWで話題の上下分割したスプリットヘッドライトらしきものを確認

ロールス・ロイスが現在開発を進める、ブランド初のフルエレクトリックモデル「スペクター」市販型プロトタイプを、カメラが捉えました。

ロールスロイス スペクター_013
ロールスロイス スペクター 市販型プロトタイプ

スペクターの初期プロトタイプは、2020年9月にティザーイメージとして公式リリースされましたが、市販型プロトタイプを捉えたのはこれが初めてで、フルカモフラージュながらティザーイメージでは隠されていた細部も確認することができます。

ロールスロイス スペクター_004
ロールスロイス スペクター 市販型プロトタイプ

フロントエンドには、ロングノーズ、傾斜したルーフラインなど「レイス」を彷彿させるシルエットが見てとれます。また、ロールスロイスグリルとADASセンサーを収納するワイドな下部エアインテークを装備するほか、フロントスプリッターや、BMWで話題の上下分割したスプリットヘッドライトらしきものが確認できます。

側面では、後部にヒンジを持つスーサイドドア(コーチドア)が採用されていることがわかるほか、サイドシル、市販型ホイールなどが装着されています。

リアエンドでは、フロントスプリッターやサイドシルと同色の統合されたディフューザーを備えるリアバンパーエクステンションを装着、縦に並んだLEDテールライトは、その周りにカモフラージュと思われる膨らみがみえるため、実際にデザインは異なる可能性が高いようです。

市販型では、BMW「i4」や「iX」など最新のEVモデルを支える「CLAR」プラットフォームではなく、SUV「カリナン」「ゴースト」や「ファントム」に使用されているモジュラー「ArchitectureofLuxury」アルミニウムスペースフレームが採用されています。フロントオーバーハングが異様に長いのは、EV専用プラットフォームに乗っていないからだと思われます。

EVスペックの詳細は不明ですが、デュアルモーターを搭載し、最高出力600psオーバー・最大トルク765Nmを発揮、全輪駆動となることが予想されており、2023年末に発売が期待されています。

(APOLLO)

この記事の著者

APOLLO

APOLLO 近影
アポロニュースサービス代表取締役。1965年東京生まれ・世田谷区在住。通信社を経て1996年に独立、レンタルポジ&ニュース配信会社アポロニュースサービスを設立した後、2016年にはカーメディア「Spyder7」編集長に兼任、多数のメディアへ新車スパイショット配信も手掛けております。通信社入社と同時に新車スクープに関わり、これまで35年間、新型モデル開発を追い続け、現在は新車スクープ原稿を年間800本以上執筆、日本で一番新車スクープ記事を書く男としてギネス申請中!?