BMW伝説の「マルニ」、現代版を製作してみたらこうなった!

■1966年から1977年にかけて販売したコンパクト2ドアクーペ

BMW「02シリーズ」にインスパイアされた、2ドアスポーツカー「SC 0.2」予想CGを入手しました。

BMW CSプロジェクト_004
BMW CS 2.0プロジェクト 予想CG

02シリーズは、BMWが1966年から1977年にかけて販売したコンパクト2ドアクーペで、日本では通称「マルニ」として親しまれました。シリーズ中、最もメジャーなのが排気量2000ccの「2002」ですが、1600ccの「1600-2/1602」や1800ccの「1802」なども存在していました。

BMW CSプロジェクト_007
BMW CS 2.0プロジェクト 予想CG

「CS 0.2プロジェクト」と名付けられた予想CGは、デザイナーのトム・クヴァピル氏と、リチャー・ギア氏により提供されました。

「フリータイムデザインスタディ」として描かれたCS 0.2は、モダンなイメージを加えたレトロ風キドニーグリルを装備、その両脇にはスリムでワイドな流れるヘッドライト、バンパー下部にはカーボンファイバー製フロントスプリッターが装着されており、中々アグレッシブです。

側面では、合理化されたボディワークに統合されたミニマリストのサイドスカートが見てとれるほか、Aピラー後方にデジタルサイドミラー、ポップアップドアハンドル、ホフマイスターキンクも確認できます。後部では、全幅のLEDストリップテールライトと垂直のライトアクセントを装備、かなり大型のエアインテークを備えるユニークなバンパーも特徴的です。

BMW CSプロジェクト_005
BMW CS 2.0プロジェクト 予想CG

キャビン内では、2つの個別シートを配置、フラッシュマウントディスプレイを備えるフローティングセンターコンソールで区切られています。また湾曲したデジタルインストルメントクラスターや、ステアリングホイールに統合されたディスプレイも斬新です。

近年、巨大グリル採用など現実モデルの進化も著しいBMWですが、期待が膨らむ夢のCGでも、斬新なデザインアイデアが止まらないようです。

(APOLLO)

この記事の著者

APOLLO

APOLLO 近影
アポロニュースサービス代表取締役。1965年東京生まれ・世田谷区在住。通信社を経て1996年に独立、レンタルポジ&ニュース配信会社アポロニュースサービスを設立した後、2016年にはカーメディア「Spyder7」編集長に兼任、多数のメディアへ新車スパイショット配信も手掛けております。通信社入社と同時に新車スクープに関わり、これまで35年間、新型モデル開発を追い続け、現在は新車スクープ原稿を年間800本以上執筆、日本で一番新車スクープ記事を書く男としてギネス申請中!?