シボレー コルベットが一部改良。ボディカラーを6色から8色に変更

■インテリアカラーも1色から4色に拡大

2014年に登場した7代目を最後にFRレイアウトと訣別し、スーパースポーツカーの証ともいえるミッドシップに移行した現行シボレー コルベット

シボレー コルベット
2019年に華々しくデビューした現行コルベット

エンジンは6.2L V8 OHVで、最高出力369kW(502PS)・最大トルク637Nmを誇ります。8代目であるC8型の日本仕様は、右ハンドルが用意されたこともあり、気になる方も多いのではないでしょうか。

2021年12月7日(火)、そのコルベットが一部改良を受け、同日から発売されています。

一部改良後モデルの見どころは、ボディカラーとインテリアカラーです。

ニーズが高いという「ブラック」をはじめ、「レッドミストメタリックティントコート」「アンプリファイオレンジティントコート」「エルクハートブルーメタリック」「セラミックマトリックスグレーメタリック」の新色が追加され、6色から8色展開に拡大されています。ボディカラーの有償色設定も廃止されています。

シボレー コルベット
一部改良を受けたシボレー コルベットの発売がスタート

さらに、インテリアカラーも従来の1色から4色に大幅に拡大。シートベルトカラーの追加(2LT・3LTクーペ)や、ブレーキキャリパーカラーの変更(コンバーチブル)など、カラーリングの選択肢がより豊富になったのが朗報。

機能面では、立体駐車場や急な上り勾配にも瞬時に対応できるフロントリフト機構(フロントリフトハイトアジャスター)が「クーペ 2LT」にも設定されています。

●価格
「シボレー コルベット クーペ 2LT」:1250万円
「シボレー コルベット クーペ 3LT」:1450万円
「シボレー コルベット コンバーチブル」:1600万円

塚田 勝弘

この記事の著者

塚田勝弘

塚田勝弘 近影
1997年3月 ステーションワゴン誌『アクティブビークル』、ミニバン専門誌『ミニバンFREX』の各編集部で編集に携わる。主にワゴン、ミニバン、SUVなどの新車記事を担当。2003年1月『ゲットナビ』編集部の乗り物記事担当。クルマ、カー用品、自転車などを担当。2005年4月独立し、フリーライター、エディターとして活動中。一般誌、自動車誌、WEB媒体などでミニバン、SUVの新車記事、ミニバンやSUVを使った「楽しみ方の提案」などの取材、執筆、編集を行っている。