「時代に逆らう」コンパクトグリル採用。フォード フォーカス セダン、これが改良型だ!

■新設計のLEDデイタイムランニングライト装備しスッキリと

フォードの欧州Cセグメントモデル「フォーカス」は、現在改良型を開発していますが、その派生モデル「フォーカス セダン」の予想CGを入手しました。

フォード フォーカス_001
フォード フォーカス セダン 改良型 予想CG

欧州で抜群の知名度を誇るフォーカスは1998年に誕生、現行型となる第4世代は2018年に発売されましたが、同年4月北米市場にてセダンやハッチバックが撤退することを発表、クロスオーバーSUVの「フォーカス アクティブ」のみ販売が継続されるも、同年8月にはやはりアメリカ国内での販売が終了となっています。

フォード フォーカス_007
フォード フォーカス セダン 改良型プロトタイプ

ロシアのカーメディア「KORESA.RU」から入手した予想CGは、直近のスパイショットに基づいて製作されており、ほぼこのままのデザインで発売されると見ていいでしょう。

フロントエンドでは、最近流行の大型化に反してコンパクトサイズのグリルを確認、逆に新鮮味を感じます。またヘッドライトには、中央に配置されていたLEDデイタイムランニングライトが、ヘッドライト下部アウトラインをなぞるように置き換えられており、スッキリとした印象です。

フォード フォーカス_002
フォード フォーカス セダン 改良型 予想CG

後部では、テールライトが若干コンパクトになり、中のグラフィックスが刷新されています。

バンパー内では、円形のシングルタイプから変更された、台形のデュアルエキゾーストパイプが確認できます。内部のレンダリングはありませんが、情報によると、より大型のインフォテインメントディスプレイが期待できるといいます。

パワートレインは、3気筒とターボチャージャーを備えた1.5リッターEcoBoost、1.5リッターEcoBlue、2.0リッターEcoBlue、2.3リッターEcoBoostで構成、トランスミッションは6速スティックシフトと7速および8速オートマチックが設定されます。

(APOLLO)

この記事の著者

APOLLO

APOLLO 近影
アポロニュースサービス代表取締役。1965年東京生まれ・世田谷区在住。通信社を経て1996年に独立、レンタルポジ&ニュース配信会社アポロニュースサービスを設立した後、2016年にはカーメディア「Spyder7」編集長に兼任、多数のメディアへ新車スパイショット配信も手掛けております。通信社入社と同時に新車スクープに関わり、これまで35年間、新型モデル開発を追い続け、現在は新車スクープ原稿を年間800本以上執筆、日本で一番新車スクープ記事を書く男としてギネス申請中!?