フェラーリIconaシリーズの新モデルであるデイトナSP3をムジェロ・サーキットで公開!

■1960年代のプロトタイプスポーツカーをオマージュしたV12エンジン搭載のタルガモデル

●伝説の1967年デイトナ24時間レースを想い

2021年11月20日、フェラーリはイタリア・トスカーナにあるムジェロ・サーキットで行われた、2021年フェラーリ・フィナーリ・モンディアーリの一環として、フェラーリIconaシリーズの新モデルであるデイトナSP3を公開しました。

デイトナSP3外観08
ムジェロ・サーキットを走行するデイトナSP3

フェラーリIconaシリーズは、1950年代の競技用のバルケッタをインスピレーションとしたモデルです。フェラーリ屈指のアイコニックなモデルのタイムレスなスタイリングを、大胆かつ現代的に再解釈。

現在利用できる、最も革新的な素材やテクノロジーを駆使して、フェラーリの歴史を称えて、2018年に登場したフェラーリモンツァSP1とSP2で始まりました。

デイトナSP3外観09
2018年に発表された、モンツァSP1とSP2

今回、Iconaシリーズに加わった限定モデルのデイトナSP3は、伝説のレースがルーツとなっています。そのレースというのが、1967年2月6日フェラーリがその年の国際スポーツカー選手権の初戦であるデイトナ24時間レースです。

デイトナSP3外観10
3台のフェラーリが横並びでゴールしたシーン

このレースで1位のフェラーリ330P3/4、2位の330P4、そして3位の412Pが横一列に並びゴールインし、トップ3を独占するというフェラーリの長い歴史の中でも屈指の離れ業を成し遂げました。

デイトナSP3は、これら1960年代に活躍した伝説のスポーツプロトタイプをインスピレーションとするタルガモデルです。

デイトナSP3外観02
デイトナSP3のフロントスタイル

デイトナSP3のシャシーとボディシェルはすべてコンポジット製で、これはF1から取り入れられた技術により、軽量で構造的な重量剛性比に優れているのが特徴です。

使用されたコンポジットの中で、T800カーボンファイバー製のタブは、各部分の炭素繊維量を正確にするため、ハンド・レイアップで作られています。

●空力重視のフェンダーミラー仕様

デイトナSP3外観03
デイトナSP3のサイドビュー

デイトナSP3の外観デザインは、1960年代のレーシングカーのスタイリングをインスピレーションしているとはいえ、独創的でモダンなフォルムとなっています。ラップアラウンド式のウィンドウスクリーンを先端とするデイトナSP3のキャビンは、官能的な彫刻に埋め込まれたドームのように見えて、その両端にしなやかなフェンダーが大胆に立ち上がっています。

デイトナSP3外観05
デイトナSP3のリアビュー

頂点が2つあるフロントフェンダーは、512Sや712Can-Am、312Pといった過去のフェラーリ・プロトタイプの彫刻的エレガンスを参考にしています。

また、フェンダーミラーの位置はドアの前方からフェンダーの頂点へと移動しました。これも、1960年代のスポーツプロトタイプをイメージさせます。この位置となったのは、視認性を高めるだけでなく、ドアインテークへの気流に及ぼす影響を減らすためとなっています。

デイトナSP3外観04
デイトナSP3のリアスタイル

斜め後ろから見たリアスタイルは、デイトナSP3の独創的なスタイリングがハッキリと見えます。ドアのボリュームは彫り込まれていて、リアフェンダーのふくらみとの相乗効果によって、くびれたウェストのような全く新しいスタイルとなっています。

またデイトナSP3のインテリアも、330P3/4や312P、350Can-Amといった、歴史的フェラーリをインスピレーションしています。インテリアはレーシングカーに典型的なスタイリング要素を生かして、ドライバーとパッセンジャーがくつろげるドライビング環境を目指しました。ダッシュボードと2個のシートを明確に分離し、キャビンの横幅を広く見せています。

デイトナSP3外観06
デイトナSP3のコクピット

デイトナSP3のステアリング・ホイールは、最新モデルである296GTBなどに導入されているヒューマン・マシン・インターフェースを採用。フェラーリの「手はステアリング・ホイールに、目は路上に」の哲学を継承し、タッチコントロール式のスイッチを採用することで、ドライバーは手を動かすことなく、デイトナSP3の機能の80%を操作でき、16インチの曲面HDスクリーンには、ドライビングに関するすべての情報が表示されます。

デイトナSP3外観07
デイトナSP3のシート

シートはシームレスに連続する質感の一部となっており、そのトリムはドアにまで拡大されてスポーツプロトタイプのエレガントな機能性を再現しています。スポーツプロトタイプでは、シートのクッションが直接シャシーに接着されていましたが、それを現代的なシートに変貌させてボディと一体化。周囲のトリムとのシームレスな質感の連続性を作りだしています。

●6.5L V12ミッドシップで840ps、最高速は340km/h!

デイトナSP3に搭載されるエンジンは、812コンペティツィオーネに搭載されている6.5L V型12気筒自然吸気がベースとなっています。このエンジンをミッドシップに搭載し、吸排気レイアウトと液体力学上の効率性を最適化し、最高出力840ps、最大トルク697Nmまで向上しています。

組み合わされるトランスミッションは7速デュアルクラッチギアボックスで、駆動方式は後輪駆動となります。

デイトナSP3外観01
デイトナSP3のフロントビュー

最高速度は340km/h、0-100km/h加速はわずか2.85秒という圧倒的なパフォーマンスを発揮します。まさにレーシングカーのDNAを継承しているデイトナSP3。

このモデルを手に入れられるのは、フェラーリ最上位のユーザーやコレクターといった誇り高いアンバサダーだけとなっています。一体、何台のデイトナSP3が日本に上陸するのでしょうか…? 一度で良いので、実際にクルマを見てみたいです。

(文:萩原文博/写真:フェラーリ・ジャパン)