果たしてV12は設定されるのか!? アストンマーティンマーティンDBS改良型がニュルで高速テスト

■SUVとは思えない俊敏な動き、レッドゾーン直前での高速走行にも改良の後

アストンマーティン初のクロスオーバーSUV「DBX」改良型とみられるプロトタイプがニュルブルクリンクで高速テストを開始しました。

アストンマーティン DBX_006
アストンマーティン DBX 改良型 プロトタイプ

初代となる現行型DBXは2019年に発売、これが初の大幅改良となります。

このプロトタイプが初めて撮影された当初、噂されたV型12気筒ハイパワーモデルと思われましたが、その後の調査で改良型プロトタイプであることが有力であることがわかっています。

アストンマーティン DBX_009
アストンマーティン DBX 改良型 プロトタイプ

ニュルで捉えたプロトタイプは、フロントバンパーを厳重にカモフラージュしているほか、特徴あるグリルも修正中の様子が伺えます。

またLEDデイタイムランニングライトにも変化がみられることから、エクステリアの前後デザインが刷新されるのは間違いないと思われます。

現行型のパワートレインはメルセデスAMGから供給された4.0リットルV型8気筒ツインターボエンジンを搭載。9速オートマチックトランスミッション、全輪駆動システムの搭載を標準装備、最高出力は550ps・最大トルク700Nmを発揮。またSUVながら0-96km/h加速は4.3秒、最高速度291km/hを誇ります。

撮影したカメラマンによるとSUVとは思えない俊敏な動きがみられ、左右に振った動きも安定、レッドゾーン直前での高速走行にも改良されている様子が感じられたといいます。

アストンマーティン DBX_001
アストンマーティン DBX 改良型 プロトタイプ

アストンマーティンは、DBXに今後数年間でハイブリッド、V型12気筒パフォーマンスモデル、クーペ、PHEVなど6つの派生モデルをラインアップすることを計画していると言われており、注目のSUVと言えそうです。

DBX改良型のワールドプレミアは不明ですが、2022年後半には、V型8気筒エンジンを搭載したプラグインハイブリッドモデルが登場予定となっています。

(APOLLO)