ボルボ・ポールスター、2024年までに3台の新型EVモデル投入へ!その詳細とは!?

■第1弾は2022年、ポルシェ カイエンサイズのSUVを発売

ボルボが展開する高性能部門「ポールスター」は、今後発売予定の3台のエレクトリックモデルのティザーイメージを公開しました。

3台のエレクトリックモデルはすべて2024年までに発売予定となっています。

ポールスター ティザーイメージ_001
ポールスター ティザーイメージ

まず第1弾は、2022年に発売が予定されている同ブランド初の電動モデル「ポールスター3」(ティザーイメージ向かって右)で、ポルシェ「カイエン」と同セグメントが予想されています。

続いて2023年には、ポルシェ「マカン」と同サイズの「ポールスター4」(ティザーイメージ中央)が続きます。

そして2025年には、テスラ「モデルS」や、ポルシェ「タイカン」をライバルとする4ドアグランドツアラー「ポールスター5」(ティザーイメージ向かって左)が投入されます。

これは2020年に公開された「Preceptコンセプト」の市販バージョンとなります

ポールスター ティザーイメージ_002
ポールスター ティザーイメージ

唯一デザインスタディが公開されているPreceptは、ボンネットとバンパーにLEDデイタイムランニングライトを分割、電子ミラーを装備するなどエレクトリックモデルらしいデザインが特徴です。

ポールスターの最高経営責任者・Thomas Ingenlath氏は、「これはポールスターにとって本当にエキサイティングな出来事です」と述べています。

さらに「現在3大陸の13の市場にて2台のモデルが販売されていますが、2023年までに30の市場に拡大することを目指し、2024年までに3台の新しいプレミムエレクトリックモデルをラインアップに追加、その第1弾を2022年に予定しています」と付け加えています。

新型3台のEVは、ボルボのサウスカロライナ工場で製造予定となっています。

(APOLLO)