FFから4WD化されたジープ・コンパスの限定車「Compass Longitude 4×4」が240台限定で登場!

■価格はFFのベース車から20万円高の419万円

2021年10月16日、ジープのコンパクトSUV「Compass(コンパス)」に、240台限定車の「Compass Longitude 4×4(コンパス・ロンジチュード・フォーバイフォー)」が設定されます。

ジープ コンパス レネゲード
限定車のジープ「Compass Longitude 4×4」が登場

スタイリッシュなエクステリア、取り回しのしやすい全長4420mm×全幅1810mm×全高1640mmというボディサイズが特徴で、FFをベースに「トレイルホーク」にフルタイム4WDが用意されています。

洗練されたエクステリアデザインと高い走破性を両立した限定車が特徴の「Compass Longitude 4×4」は、街乗り中心としたメインとされる顧客に向けたFFの「ロンジチュード」がベース。

高効率な4WDシステムやオフロード機能により、シティユースだけでなくオフロード走行まで、幅広いニーズに応えるモデルです。

ジープ・レネゲード
ジープ「限定車「Compass Longitude 4×4」のリヤビュー

「ロンジチュード4×4」は、電子制御式パワートランスファーを備え、FFと4WDをシームレスに切り替える「Jeepアクティブドライブ」をはじめ、路面状況に合わせて「SAND/MUD」「SNOW」「AUTO」の3つの走行モードから選択できる「セレクテレインシステム」、急な下り坂でも一定の低速で安定して走行できる「ヒルディセントコントロール」などを備え、悪路でも安定した走行が可能です。

ジープ・レネゲード
オーディオナビゲーションシステム「Uconnect」を標準装備する

ベースの「ロンジチュード」は、2021年6月にビッグマイナーチェンジを受け、スタイリッシュになった内外装をはじめ、9月には純正ナビゲーションシステムや地上デジタルテレビチューナーなどからなるオーディオナビゲーションシステム「Uconnect 」を標準装備。

同限定車にもこうした最新のインフォテインメントシステムが装備されます。

ほかにも、LEDヘッドライト(ロー/ハイビーム)やブラックペイントルーフ、プレミアムファブリックシート、オートブレーキホールドなどが用意され、安全装備も上級グレード「リミテッド」と同等レベルの充実装備となっています。

ジープ・レネゲード
路面状況に合わせて「SAND/MUD」「SNOW」「AUTO」の3つの走行モードから選択できる「セレクテレインシステム」を用意

ボディカラーは、100台限定の「ブライトホワイト・クリアコート」と、90台限定の「ブリリアントブラッククリスタル・パールコート」、50台限定の「グレイマグネシオメタリック」の3色が設定されます。

車両価格はベース車のFFモデル「ロンジチュード」から20万円高に抑えられていて、上記装備を考えるとバーゲンプライスといえる419万円となっています。

塚田 勝弘