フェラーリ新型「296 GTB」、早くも「スパイダー」を開発中の噂! デザインを予想

■「SF90 スパイダー」同様に「RHT」(リトラクタブル・ハードトップ)の採用が有力

フェラーリは2021年6月24日、新型2ドアスポーツカー「296 GTB」を発表したばかりですが、すでにオープンモデルとなる「296 GTB Spyder」を開発している可能性が高いといいます。

フェラーリ 296 GTBスパイダー
フェラーリ 296 GTBスパイダー 予想CG
フェラーリ 296 GTB_002
フェラーリ 296 GTB

296 GTBは、新開発の2.9リットルV型6気筒ガソリンエンジンと電気モーターを組み合わせたプラグインハイブリッドモデルで、最高出力830hp・最大トルク740Nmを発揮します。また0-100km/h加速2.9秒、0-200km/h加速7.3秒、最高速度330km/hと高いパフォーマンスも自慢です。

フェラーリ 296 GTB_004
フェラーリ 296 GTB

車名の由来は2.9リットルという排気量と、V型6気筒エンジンから取られており、フェラーリ伝統のミッドリアエンジン「GTB」(グランツーリスモベルリネッタ)にも関連されています。

発表前には同じV6エンジンを搭載する名車「ディーノ」の車名も噂されていましたが、フェラーリによるとディーノは特別なモデルであるとともに、296GTBとはセグメントが異なるため見送られたといいます。

296GTB スパイダーでは、「SF90 スパイダー」同様に「RHT」(リトラクタブル・ハードトップ)の採用が予想されおり、外のノイズを徹底的に遮断、高速走行でも快適なドライブを提供してくれそうです。またアルミニウム製により、一般的な同システムより大幅な軽量化も特徴です。

296GTB スパイダーのワールドプレミアは、2022年春以降と予想されます。

(APOLLO)