レクサス版「86」登場!? 新型2ドアクーペ「UC」登場で長男「LC」次男「RC」と2ドアスポーツクーペ3兄弟になる?

■2.4リットル水平対向4気筒エンジン+電気モーターのプラグインハイブリッドか?

トヨタは4月、スバル「BRZ」とともに「86」新型の日本仕様を初公開しましたが、レクサス版「86」を計画しているという噂を入手しました。

レクサス UC
レクサス UC 予想CG

初代86(ハチロク)は、「AE86」型カローラレビン・スプリンタートレノ(通称ハチロク)を起源とし、そのスピリットを継承しながら2012年に発売。トヨタとしては、1965年に発売された「スポーツ800」以来となる水平対向エンジンを搭載しました。

トヨタGR86_003
トヨタ GR86 新型

2代目となる「GR 86」は、2021年秋にも日本市場で発売が予定されていますが、コンパクトスポーツに、レクサスの上質の要素を取り入れたレクサス版86が計画されている可能性があるといいます。

入手した情報からのエクステリアは、サイドキャラクターラインに流美な造形をプラス、アンダーにはリアタイヤへ空気を送る迫力あるデュフューザーをデザインしました。タイヤハウスの張り出しはスポーツカーらしい大胆なものになり、フロントは大迫力の二段構えの大型デュフューザーを装備します。ヘッドライトは3連プロジェクタープラスLEDポジションランプを内蔵し、内側に絞ったデザインでスポーツカーらしい顔つきになることが予想されます。

現在レクサス2ドアクーペには、長男「LC」、次男「RC」の2台がラインアップされていますが、その下に位置するモデルとなります。全長はLCが4,770mm、RCが4,700mmに対してGR 86は4,265mmとコンパクトですが、レクサス版では4,500mm程度までストレッチされる可能性もありそうで、発売されれば2ドアスポーツクーペ3兄弟が完成することになります。

パワートレインは2.4リットル水平対向4気筒エンジン+電気モーターのプラグインハイブリッド、またはマイルドハイブリッドが予想されます。キャビン内では、「NX」新型にも採用された新世代マルチメディアシステムを搭載、タッチディスプレイを配置し、スマートフォンの機能を反映します。またハイクオリティなトリムなどを採用、レクサスらしい高級感溢れるあしらいが期待できるでしょう。

尚、市販型の車名は、同ブランドのエントリークロスオーバーSUV「UX」から、都会を意味する「U」(アーバン)を流用、「UC」などが考えられそうですね。

(APOLLO)

この記事の著者

APOLLO

APOLLO 近影
アポロニュースサービス代表取締役。1965年東京生まれ・世田谷区在住。通信社を経て1996年に独立、レンタルポジ&ニュース配信会社アポロニュースサービスを設立した後、2016年にはカーメディア「Spyder7」編集長に兼任、多数のメディアへ新車スパイショット配信も手掛けております。通信社入社と同時に新車スクープに関わり、これまで35年間、新型モデル開発を追い続け、現在は新車スクープ原稿を年間800本以上執筆、日本で一番新車スクープ記事を書く男としてギネス申請中!?