レクサスがコンセプトEV「LF-Z」を公開! クーペルックに大型シャークフィンを装備

■ブランドの次世代モデルを象徴するコンセプトカーが登場

レクサス「LF-Z」のエクステリア

レクサス・インターナショナルの佐藤恒治プレジデントが先頃、昨年の全世界における同ブランドの販売実績を発表した際、「本年、我々LEXUSは、多様化するお客様のライフスタイルをより豊かにすることを目指し、新たな一歩を踏み出します」と説明。

レクサス「LF-Z」のリヤビュー

加えて「春頃に次世代LEXUSの幕開けとして、我々が目指す将来像を示したブランドビジョンをコンセプトカーとともに発表致します」としており、その第1弾モデルの年内発売を皮切りに、翌年以降も続々と新型車を導入すると予告していました。

ちなみに、レクサスによる昨年1~12月の主要地域別の販売実績は以下となっています。

・北米:約29.7万台(前年比 91%)
・中国:約22.5万台(前年比111%)
・欧州:約7.1万台(前年比81%)
・日本:約4.9万台(前年比79%)
・中近東:約2.7万台(前年比82%)
・東アジア:約3.2万台(前年比92%)

●3月30日(火)午後7:00にNewモデルを公開!

そうした中、レクサスはその予告どおり、2021年3月30日(火)午後7:00から、ブランド変革に向けた取り組みについて、次世代LEXUSを象徴するコンセプトカー「LF-Z」とともにYouTubeで公開しました。

レクサス「LF-Z」のエクステリア

今回、公開されたコンセプトカーはCGとデザインモックによるものでしたが、クーペタイプのクロスオーバーモデルで、ルーフ後部中央に空力用とみられる大き目のシャークフィンが設けられていることがわかります。

車両前端部が切り立った造形になっており、シャープな印象を受けるとともにルーフはダブル・バブルタイプを採用。横長テールランプの採用や、車両後端についても切り立った造形になっていることがわかります。

また、同モデルは世界的に環境規制が厳しくなっていることから、ピュアEV仕様であることが判明。前後に電気モーターを配した新開発の電気駆動制御システム「Direct4」が採用されています。

尚、今回のデジタルプレスカンファレンスは以下サイトでも試聴できます。

https://lexus.jp/brand/vision/

Avanti Yasunori

【関連記事】

トヨタがEV展開に本腰! 年内に北米市場へ導入する2車種のEVを日本でも発売?
https://clicccar.com/2021/03/23/1068894/

レクサスRX450hと近い全長をもつ「LF-Z Electrified」は、新世代の四輪駆動力制御技術「DIRECT4」を搭載https://clicccar.com/2021/04/04/1071416/

『LEXUS』の最新記事
レクサス LF-Z Electrified
レクサスRX450hと近い全長をもつ「LF-Z Electrified」は、新世代の四輪駆動力制御技術「DIRECT4」を搭載
レクサス 新拠点
レクサスが2025年までに10モデル以上のEV、PHV、HVなどの約20車種の新型や改良モデルを投入へ
レクサスRCFのセダンバージョン?「IS500 Fスポーツ・パフォーマンス」 登場!

この記事もよく読まれています

あなたにおすすめの記事