BMW 7シリーズ次期型、EVのトップモデルには600馬力「i7M60」

■次期型の全ラインアップを入手! エントリーにRWD、ほかすべて全輪駆動「xDrive」を採用

メルセデス・ベンツ「Sクラス」を追うべく、BMWは現在フラッグシップセダン「7シリーズ」、および新シリーズとなる電気「i7」ファミリーを同時開発しています。その両モデルの開発車両をカメラが捉えました。

BMW 7シリーズ_010
BMW 7シリーズ 次期型プロトタイプ

ミュンヘンのダウンタウンで捉えたナンバー「2707」のプロトタイプはトランクリッドスポイラーを装着しているほか、クワッドエキゾーストシステムをインストールしており、燃焼エンジンを搭載したハイエンドバリアントのようです。

BMW 7シリーズ_016
BMW 7シリーズ 次期型プロトタイプ

またバイエルの田舎道で捉えた「2487」のプレートを付けるプロトタイプは、エキゾーストパイプが見当たらず、フルEVとなる「i7」プロトタイプの可能性が高いようです。

両モデルとも、ヘッドライトやテールライトは暫定的なもので、市販型ではより洗練されたクラスタに置き換えられます。また、ライトの位置がかなり低いため、上下二分割されたスプリットデザインが噂されています。

リアエンドでは、LEDテールライトが大流行しているストリップライトになる思われます。

どちらの車両にもグリルにセンサーを搭載、噂によると次期型レンジトッパーでは、ロールスロイスに似た自動開閉ドアと、「高速道路アシスタント」と呼ばれるより高度な半自動運転システムを搭載する予定だといいます。

BMW 7シリーズ_001
BMW 7シリーズ 次期型プロトタイプ

独占入手した次期型ラインアップは、7シリーズでは「735d」「740i」「745e」、そして「M750e」。新シリーズのi7ファミリーは「i740i」「i750i」、そして頂点には最高出力650psとも噂される「i7M60」が設定されます。

i7M60では少なくとも2つの電気モーターを搭載、1回の充電による航続距離は400マイル(644km)を超えてくると思われます。またRWDのi735dとi740を除いてファミリーすべてのモデルは全輪駆動「xDrive」を搭載します。

新型7シリーズとi7はほぼ同時公開が期待されており、最速で2021年内、おそくとも2022年初めにはワールドプレミアが予想されています。

(APOLLO)

『Scoop』の最新記事
BMW M2_004
いよいよニュルで最終仕上げへ! BMWの高性能2ドア・新型「M2」をキャッチ
ポルシェ 911サファリ_007
新型911のリフトアップモデルはハイブリッドモデルで登場か!?
クスドライズ_009
まるでミニブガッティ!? レバノン初のEVスポーツが約330万円で登場

この記事もよく読まれています

あなたにおすすめの記事