新型フォルクスワーゲン・ゴルフは、ブランド初の48Vマイルドハイブリッドを搭載。1.0Lと1.5Lを設定

■2021年2月9日から先行受注を開始!!

ついに、新型フォルクスワーゲン・ゴルフが日本に上陸します。

2021年内に日本で発表が予定されている、新型ゴルフの先行受注を2021年2月9日から開始しました。同時に同日から3月31日(水)までの早期に予約する全員に、オプション費用をサポートするスペシャルキャンペーンも展開されます。

フォルクスワーゲン ゴルフ
新型ゴルフのエクステリア

このキャンペーンは、全国のフォルクスワーゲン正規ディーラーにおいて、新型ゴルフを3月31日(水)までに予約すると、全員にオプション費用のサポートとして5万円がプレゼントされるという内容になっています。

さらに、新型ゴルフを早期に予約し現在乗っている愛車が4月末までに車検を迎える人については、買い替えを前提として、オプション費用のサポートとは別に車検費用のサポートとして10万円が提供されます。

フォルクスワーゲン ゴルフ
新型ゴルフのリヤビュー

フォルクスワーゲン・ゴルフ は、1974年(日本販売開始は1975年)の初代登場以来、45年以上にわたって3,500万台以上が生産されている世界的なベストセラーカー。

日本にもシリーズ累計で約90万台以上が輸入・販売されているという、輸入車を代表する1台といえるでしょう。現行ゴルフは2013年に上陸し、輸入車ブランドとして初めて「日本カー・オブ・ザ・イヤー」にも選ばれるほど高い評価を得てきました。

筆者は、昨年末に他のフォルクスワーゲンモデル(SUVラインナップ)とゴルフを乗り比べる機会がありましたが、ゴルフⅦのモデル末期の熟成ぶり、いまだCセグメントモデルでもトップクラスといえる走りの高い完成度に改めて感心させられました。新型は気になるものの、あえてモデル末期の現行型を狙うという方もいるかもしれません。

フォルクスワーゲン ゴルフ
新型ゴルフのメーターパネルとセンターディスプレイ

さて、気になる新型ゴルフ(ゴルフⅧ)は、デジタル化、電動化、運転支援システムにおいて大幅な進化を遂げているそう。デジタル化では、最新のデジタル技術が投入され、クラスを超えたデジタルインターフェースを用意。10.25インチの液晶ディスプレイが採用されたデジタルメータークラスターの「Digital Cockpit Pro」が全車標準装備化。

その横にインフォテイメントシステムを配置することで視認性を向上させ、クリーンなコックピットを実現しているそうです。また、電動化ではフォルクスワーゲン初となる48Vマイルドハイブリッドシステムが搭載され、モーターアシストによりスムーズな発進や加速を実現するとしています。

フォルクスワーゲン ゴルフ
新型ゴルフのインパネ

運転支援システムでは、ドライバーが運転中に意識を失うなど万一の事態が発生しても安全に車両を停止させる緊急時停車支援システムの「Emergency Assist」など、フォルクスワーゲン初の最新技術が導入されてクラスを超えた高次元な運転支援が可能になり 、安全性をさらに引き上げているとのこと。

日本に上陸する新型ゴルフは、1.0Lのマイルドハイブリッドシステムが搭載された「eTSI Active」、排気量1.5Lのマイルドハイブリッドシステムを積む「eTSI Style」と「eTSI R-Line」の3グレードになります。ボディカラーは、新色の「ライムイエローメタリック」を含む全8色を設定。

フォルクスワーゲン ゴルフ
新型ゴルフのサイドビュー

新型ゴルフのフォルムは、より低く、伸びやかでダイナミックになり、現行型と同様に使いやすさにもこだわったボディサイズだそう。

フォルクスワーゲングループジャパンでは、より多くの人に新型ゴルフの魅力を知ってもらうべく、新型ゴルフのティザーサイトを2月9日から公開しているほか、全国のフォルクスワーゲン正規ディーラーでは、新型ゴルフの特徴が解説されているスペシャルティザーリーフレットが配布されていますので、気になる方は要チェックです。

※写真は欧州仕様のものです。

(塚田勝弘)

【関連リンク】

新型ゴルフ・ティザーサイト
https://sp.volkswagen.co.jp/the-new-golf

『フォルクスワーゲン』の最新記事
フォルクスワーゲン・ゴルフトゥーラン
フォルクスワーゲン・ゴルフトゥーランがガソリンエンジンを1.5Lに変更し、先進安全装備やインフォテイメントシステムをアップデート
フォルクスワーゲン パサート
VWの最上級モデル、パサートがマイナーチェンジ。ガソリンエンジンを1.4Lから1.5Lにライトサイジング
VW Voltswagen
VWにだまされた!? 「ボルツワーゲン」発表はエイプリルフールジョークと判明

この記事もよく読まれています

あなたにおすすめの記事