NSXのエキスパートROUTE KSが手がけたフルエアロ仕様のNSX【東京オートサロン2021】

■NSX 2021オートサロン仕様【NSX-DK Style】

ROUTE KS NSX 2021 オートサロン仕様
autosalon_2021_Route_KS_NSX
ROUTE KS NSX 2021 オートサロン仕様

三重のROUTE KSといえば、NSXにこだわり続ける専門ショップとして全国的に知られた存在です。そのROUTE KSのブランドNSX-DK Styleが、今回の東京オートサロンのために作り上げたのが、このNSX 2021オートサロン仕様。

autosalon_2021_Route_KS_NSX
すでにリリースされているDKエアロキットの下部に追加する形でアンダーフラップを装着しています。

このモデルは、同社のDKエアロキットを装着した現行NC1型NSXをベースに、フロント、サイド、リアにアンダーフラップを追加し、さらに翼端板形状が新しい専用のリアウイングを装着したものです。

ボディの一番下に付くエアロのボリューム感が増したことで、従来のDKスタイル以上に低さをアピールする外観ですが、代表の川合進二さんによれば車高自体はノーマルのままなのだとか。さすがNSXを知り尽くしたエキスパートの仕事ですね。

ボンネットフィンやフェンダーアウトレットなど、随所に配された差し色のブラックも効いています。

autosalon_2021_Route_KS_NSX
随所に配された差し色の黒がエクステリアを引き締めます。
autosalon_2021_Route_KS_NSX
新設計のリアウイング。翼端板形状が変更されています。

川合さんによれば、このクルマはあえて見た目重視を狙ったそうで、エンジンやマフラーなどはノーマルとのこと。とはいえ鈴鹿、富士、筑波といったサーキットではしっかり走行テストも実施しており、エアロによるタイム短縮効果も確認しているそうです。

パーツ装着にあたって一切穴あけ加工していない点も魅力。なんらかの理由でノーマルに戻したいというときも、これなら心配無用ですね。

autosalon_2021_Route_KS_NSX
ノーマルと同サイズながらホイールはBBS、タイははミシュランCup2に変更。
autosalon_2021_Route_KS_NSX
ノーマル車高なのに低く見えるのはオーバーフェンダーの効果。

自然吸気の後輪駆動だった初代に対し、現行のNSXは過給エンジンにモーターを組み合わせたハイブリッド4WD。

高度な電子制御を採用しているだけに川合さんもセッティングなどには苦労されている様子でしたが、その分やりがいも感じているようでした。今後の熟成にも期待したいですね。

●NSX-DK Style/NSX 2021オートサロン仕様/ベース車両メーカー(ホンダNSX)/装着パーツなど:エアロパーツ:DK Aero Kit+新開発アンダーフラップ(フロント、サイド、リア)、新開発リアウイング/タイヤ:ミシュランPilot Sport Cup 2(フロント:245/35R19、リヤ:305/30R20)

(文:角田 伸幸)

【関連リンク】

・ROUTE KS
https://www.route-ks.com/

『東京オートサロン2021』の最新記事
ロッキーオート・3000GT、日本の自動車史を代表する名車が現代技術で復活!【東京オートサロン2021】
TOM’SのGRヤリス&新ハリアー参上!ヤリスは今話題のあのラリードライバーの愛車だった【東京オートサロン2021】
ガレージ力 スカイラインクーペ
松田次生選手の練習用V35スカイラインに対抗する桑名最速決定戦マシン!?【東京オートサロン2021】

あなたにおすすめの記事

この記事もよく読まれています