オーバーヒートとは?エンジン発熱量が冷却能力を上回り冷却水が沸騰する不具合【バイク用語辞典:冷却編】

■冷却能力の低い空冷エンジンはオーバーヒートのリスクが高い

● オーバーヒートすると、最悪の場合エンジンが焼き付く恐れあり

最近のバイクは部品や制御の信頼性が上がり、オーバーヒートしたという話をほとんど聞かなくなりました。しかし冷却部品や制御の何らかの不具合によって、オーバーヒートが発生する可能性はあり、空冷エンジンのバイクではそのリスクが高まります。

オーバーヒートの発生原因とその症状やダメージについて、解説していきます。

●水冷エンジンと空冷エンジンの違い

バイク用エンジンには、水冷エンジンと空冷エンジンがあります。

水冷エンジンは、冷却水の温度が上昇しやすい燃焼室やシリンダー周りにウォータージャケット(水通路)を設け、冷却水で冷却します。受熱した冷却水はラジエターに送られて冷やされます。安定した冷却性能が確保できるので、自動車はすべて、バイクでもほとんどが水冷エンジンです。

一方、空冷エンジンは外気や走行風だけで冷却する方式で、シリンダーヘッドやシリンダーブロックに冷却フィンを装着して放熱を促進します。エンジンを軽量コンパクトにできますが、冷却性能が運転条件や外気温に影響されるという問題があるので、採用モデルは希少です。

●オーバーヒートの発生原因

オーバーヒートの原因
オーバーヒートの原因

オーバーヒートは、エンジンによる発熱量が冷却水による冷却能力を上回った時に、冷却水温度が設定温度を超えて沸騰したり、エンジンの温度が許容温度を超えてしまう現象です。

オーバーヒートは、水冷エンジンでは次のような原因で起こります。

・冷却水不足
エンジンやラジエター、ホースなどからの冷却水漏れ

・ラジエターの機能不良
ラジエターコアの詰まりやラジエターキャップの故障

・ウォーターポンプの作動不良
ウォーターポンプ軸の焼き付きによる非作動やインペラの損傷

・サーモスタットの作動不良
サーモスタットの作動不良で開かず、ラジエター側に冷却水が送られずに冷却水温度が上昇

空冷エンジンのオーバーヒートは、運転条件や外気状況の影響を大きく受けます。例えば、酷暑で熱負荷の高い(登坂走行など)運転を続ける、また潤滑オイル不足やオイルの劣化も冷却不足となり、オーバーヒートしやすくなります。

●オーバーヒートが起こるとどうなるか

水冷エンジンの冷却水温が設定温度(80℃程度)以上になると、メーターパネル内に水温計が装備されているバイクでは水温計の指針が上昇し、オーバーヒートの警告ランプが点灯します。

ライダーが気づくのは、加速が鈍くなる、ノッキング音などの異音と焦げた臭いの発生、アイドル回転が不安定になる、振動が大きくなる、などです。早めに気付いて、後述の処置をすればエンジンへのダメージは小さくてすみます。

そのまま走行を続けると、以下のような重大な不具合を起こして、最悪の場合エンジンが停止します。

・熱変形によるシリンダヘッドガスケットのシール性悪化による燃焼ガス漏れ、水漏れやオイル漏れ

・シリンダーやピストンの熱歪みや熱膨張によるフリクション増大や摺動部の焼き付き

・エンジン部品が許容温度を超えることによる熱変形や溶損

●オーバーヒート時の対処法

オーバーヒートに気付いたら、すぐにバイクを安全な涼しい場所に止めて、エンジンを停止して冷やします。水をかけて強制的に冷やすのは、急激な熱膨張変化によって本体や部品を傷める原因となります。

十分冷やした後に再始動して異音や振動が発生する場合は、ピストンやクランクなど摺動部が焼き付いているので、整備工場などに修理を依頼します。


オーバーヒートの兆候が出たら、早めにバイクを止めることが重要です。無理すれば、エンジンを交換する羽目になります。普段からクーラント(冷却液)と潤滑オイルの残量チェックや補充、ラジエター、冷却フィン(空冷エンジンの場合)のチェックと清掃などのメンテナンスに心がけることが大切です。

(Mr.ソラン)

『バイク用語辞典』の最新記事
トビラ画像
動力性能とは?加速力や最高速度などで示される性能の指針【バイク用語辞典:走行性能編】
トビラ画像
安全技術の概説:転倒リスクがあるバイクの最重要テーマ【バイク用語辞典:安全技術編】
トビラ画像
スリーホイーラーとは?トライクとは異なるフロント2輪の3輪バイク【バイク用語辞典:安全技術編】

あなたにおすすめの記事

この記事もよく読まれています