女子ウケ抜群!? かわいくてオシャレな原付スクーター【ホンダ ジョルノ・デラックス・概要編】

■おしゃれで可愛いジャパニーズ・イタリアン! ホンダ ジョルノ・デラックス

ジョルノ
49cc水冷4ストロークOHC単気筒エンジンにVマチック無段変速を装備したジョルノ・デラックス。全長1650mm、全高1035mm、車両重量は81kgです。

「ボン・ジョルノ(Buon Giorno)!」は、イタリアの町のあちこちでふだんからよく耳にする挨拶の言葉。もともとは「いい日ですね!」といった意味でしょうか。

イタリア語で「一日」「昼間」などを意味する「ジョルノ」という車名、おしゃれなイタリアン・スクーターのムードをまとった、この可愛いバイクにぴったりだと思いませんか?

ジョルノ
乗り心地はジェントルで快適。ふらりと遠くにでかけたくなるスクーターです。

現在、ジョルノには標準タイプのほかに、くまモンバージョンやジョルノ・スペシャル(期間限定モデルで受注期間は終了しています)、そして今回試乗したジョルノ・デラックスが用意されています。

ジョルノ・デラックスの特徴は、こだわりのボディカラー。オフホワイトのインナーカラーが生み出す軽やかさにくわえ、ボディサイドのストライプがラウンドシェイプにきりっとスパイスをきかせてくれています。

ジョルノ
30年近いジョルノの伝統の中で磨きあげられた「日本のイタリアンデザイン」。ジョルノ・デラックスのクラシカルな雰囲気の中には新鮮な美しさがあふれています。

ジョルノの歴史は長く、初登場は1992年に遡ります。空冷2ストローク単気筒エンジンを搭載したメットインタイプのスクーターとして華々しくデビューし、一躍街の人気者になりました。

ジョルノ
第3期スクーターブームの熱量を今に伝える1980年発売のホンダ タクト。強制空冷2ストローク単気筒49ccエンジンを搭載し、51kgのボディの軽やかな走りと優れた実用性で大人気となりました。

戦後まもなく、商用車・実用車として日本モーターサイクル史に現れたスクーターでしたが、1976年にホンダが発売した50ccソフトバイクのロードパルが、通称「ラッタッタ」として人気を博したのを皮切りに、手軽な街の移動手段として日本中に普及しはじめました。

さらに1980年にホンダがスクータータイプのタクトを発売すると、またたく間に原付スクーターの大ブームが巻き起こります。初代ジョルノもこのムーブメントの中で、おしゃれで豪華なスクーターとして大歓迎されたのです。

ジョルノ
最新のジョルノは、長年にわたる熟成を経て、原付スクーターのひとつの完成形にまで近づいているようです。

ところが、2007年から始まった排ガス規制の強化が、排気量が小さくパワーにゆとりのない50ccスクーターを少しずつ苦しめはじめます。

ジョルノも2011年からはエンジンを4ストロークに変更。その後も綿密なアップデートを重ねながら現在まで生産され続けています。かつて簡単便利なバイクとして人々に受け入れられた原付スクーターは、今では高度な技術が生み出す環境性能の結晶ともいえるマシンとなっているのです。

ジョルノ
まるっこくて可愛いルックスは、やっぱり女子の人気の的!

初登場から30年近くが経ち中身はすっかり様変わりしたジョルノですが、くるんと丸くカバーされたボディの可愛らしさの魅力には、なんの変わりもありません。取材中に出会った方々、とくに女性からは、学生さんから年配の女性まで年齢を問わず「わあ可愛い!」「乗りたい!」「若いとき乗っていたのを思い出す」「どこか行きたくなる!」などとたくさんの熱いラブコールを集めていました。

ジョルノ
免許取得のハードルが低く、キュートで乗りやすいジョルノ・デラックスは、日ごろバイクになじみのない人にも親しみやすいマシンです。

ジョルノ・デラックスを前にして、わくわくと胸を躍らせている彼女たちの顔は、すっかり夢見るライダーの顔になっていました。原付免許や普通自動車免許があれば乗れるジョルノ・デラックスは、高性能な大排気量スーパースポーツにもけっして劣らない、特別な魅力をもつバイクなのかもしれませんね。

【ホンダ ジョルノ・デラックス 主要諸元】
全長×全幅×全高:1650mm×670mm×1035mm
シート高:720mm
エンジン種類:水冷4ストロークOHC単気筒
総排気量:49cc
最高出力/最大トルク:4.5ps/0.42kgm
燃料タンク容量:4.5L
タイヤ(前・後):80/100-10 46J
メーカー希望小売価格:20万3500円(税込)

(文:村上菜つみ 写真:高橋克也)

【関連リンク】

ジョルノ・デラックス Official Site
https://www.honda.co.jp/GIORNO/

村上菜つみさんがホンダ・ジョルノ・デラックスで出かけたツーリング記事は、月刊誌「モトチャンプ」2020年11月号(10月6日発売)に掲載されています。

モトチャンプ2020年11月号

『バイク』の最新記事
逢沢一郎・自民党二輪車問題PT座長
バイク高速通行料、普通車の半額 は可能なのか?「大きな合意はできあがりつつある」by逢沢自民PT座長
allstar
家族で楽しむタンデムツーリングのコツ、お話しました☆【つるの剛士の「乗るのたの士」オールスター感謝祭・パパツー講座編】
allstar
ケニー佐川がつるの剛士に個人レッスン☆【つるの剛士の「乗るのたの士」オールスター感謝祭・国内4メーカー250ccイッキ乗り編】
この記事もよく読まれています

あなたにおすすめの記事