常磐自動車道・PASAR守谷(上り)は東京からわずか20kmで常磐道上り線唯一のワンちゃんのリラックススポット【高速道路SA・PAドッグラン探訪】

●東京からわずか20kmとは思えないノンビリしたムードが漂う施設

2匹のワンちゃんと暮らすライターが足を運んで、日本全国にある高速道路のSAに併設しているドッグランを紹介します!

ドッグラン02
名店のパンや地元の取れたて野菜も購入できる充実した施設。

PASAR守谷(ぱさーるもりや)(上り)は、茨城県守谷市に位置する常磐自動車道にあるサービスエリアで、一般道からの入場でき利用可能です。都心まで20km弱と、茨城県から都心へ向かう入口的存在の守谷SAは、旅の思い出があふれる賑わいのある場を目指し、2014年に「Pasar守谷」としてリニューアルオープンしました。

フランス料理で有名な「ジョエル・ロブション」などを展開するパン専門店が高速道路初出店となるベーカリー「守谷ベーカリー」や、厳選した惣菜、スウィーツ、和菓子なども取り揃える「いばらきまーけっと」など、地元の人気店などが集結しているのも見どころ。

守谷市の生産者が運営する生鮮野菜等の直売所「守谷SAやさい村」は、守谷市の畑で収穫された獲れたての直送野菜が購入できるため、終日にぎわっています。館内には、子ども達に人気のキッズスペースや、おむつ替えや授乳などが行えるベビーコーナーも完備。子ども連れのママさんにも優しいサービスエリアです。

ドッグラン03
ドッグランは建物向かって右手にあるので、出口付近に停めると便利。

お目当てのドッグランは、メインの建物から右手を進み「守谷SAやさい村」やトイレを過ぎると辿り着けます。小型犬専用と、中・大型犬専用の2つのエリアに分かれていて、両エリアをつなぐ共有出入り口スペースが設けてあります。

ドッグラン04
最新鋭のおしっこポールを歳用し、ボタンを押すと水が流れる。

共有スペース内には、おしっこポールも設置。ここのおしっこポールは、ポールのスイッチを押すと水が流れておしっこを洗浄するタイプ。使用する度に水で流すことができるため清潔!高速道路のドッグランでは、珍しい設備なので感動してしまいます。

ドッグラン05
シャワーや脚洗い場も最新の施設を設置している。

ペット専用の足洗い場もシャワー完備。その都度水を入れ替えられる水飲み場もあり、至れり尽くせりなスペースです。

ドッグラン06
排泄物ボックスもあるので安心。

もちろんうんちボックスもあります。フタがしっかり閉まっているので臭う心配もありません。

ドッグラン07
建物から進んで手前のエリアが小型犬専用。

小型犬専用エリアは、道路側に位置しています。中・大型犬専用エリアとほぼ同じ広さで、長方形のフィールド。地面は、天然の芝生がまばらに生えていて小ぶりの草も混じっています。

ドッグラン08
長方形のフィールドで走り回りやすそう。

所々に土が剥き出しになっている状態。芝生と土部分がまばらにある方が、ワンちゃんのお好みでお散歩できるというメリットもあるか?!

ドッグラン10
ベンチには屋根があるので、雨が降っても平気。

2カ所あるベンチのうち、1カ所は頑丈な屋根付きなので、日射しや突然の雨もしのげます。

ドッグラン11
施設の奥側が中・大型犬専用のスペース。

中・大型犬専用エリアは、小型犬専用エリアに隣接しています。小型犬専用エリアとほぼ同じ環境ですが、やや芝生と草が多く繁っていました。電灯もあるため、夜間でも明るく安全に遊べるのはありがたいですね。

ドッグラン12
照明が設置されているため、夜間でも安全に利用できるのは嬉しい。

PASAR守谷(上り)のドッグランは、新しい設備で気持ちよく利用できます。他のサービスエリアではなかなか見られない、最新のおしっこポールや足洗い場もワンちゃんに体験してもらいましょう。

また、PASAR守谷は大型施設のため、フードコートやお土産屋さんだけでなく、野菜直売所やキッズ施設など、他のサービスエリアにはないサービスも充実しているため、ワンちゃんや子ども連れのファミリーにピッタリなスポットでしょう。

(文:高市智子/写真:萩原文博)

『ドライブ』の最新記事
ドッグラン01
道央自動車道・有珠山SA(下り)は絶景を見ながらワンちゃんもリラックスできる高原にあるドッグラン【高速道路SA・PAドッグラン探訪】
ドッグラン01
館山自動車道・市原SA(上り)は南国のリゾート地のようなノンビリとした雰囲気がいっぱい!【高速道路SA・PAドッグラン探訪】
ドッグラン01
常磐自動車道・PASAR守谷(下り)は改装したばかりの施設は充実した快適設備が魅力【高速道路SA・PAドッグラン探訪】
この記事もよく読まれています

あなたにおすすめの記事