ド派手なルックスは伊達じゃない!? ゴルフGTIクラブスポーツのチューニングカー

■最高出力420hp・最大トルク651Nmのパフォーマンスへ大幅に向上

ドイツのチューナー・Yido Performanceは、VW・ゴルフの高性能モデル「ゴルフGTI クラブスポーツ」をさらに強化したチューニングカーを初公開しました。

VW ゴルフ チューニングカー_010
Yido Performance VW ゴルフ チューニングカー

そのカスタム内容は、ボディを極限にローダウン、専用のフロントエプロン、サイドスカート、リアディフューザーなど新しいボディキットを装備しています。

VW ゴルフ チューニングカー_008
Yido Performance VW ゴルフ チューニングカー

フロントとリアのVWロゴは黒と赤に仕上げられていますが、様々な色合いを組み合わせ、複数のスポンサーデカールにより、なんともド派手に仕上げられたエクステリアの中において、目立つアップグレードとは言えそうもありません。

VW ゴルフ チューニングカー_004
Yido Performance VW ゴルフ チューニングカー

足回りには、9×20インチのゴールドホイールを装備、6ピストンブレーキキャリパーを備えるブレーキシステム、調整可能なエアサスペンション、Remusのフラップコントロールを備えるエキゾーストシステムがインサートされています。

VW ゴルフ チューニングカー_002
Yido Performance VW ゴルフ チューニングカー

開いたテールゲートからは、フロントシートやエアサスペンションタンクなどその派手なルックスが内部にも導入されていいることがわかります。

このフルチューンされたGTIクラブスポーツは、ターボインレット、アウトレット、インタークーラー、カーボンインテーク、ソフトウェアのリマップなどステージ2のパワーアップグレードを特徴としており、ベースモデルの最高出力265hp・最大トルク350Nmから、最高出力420hp・最大トルク651Nmのパフォーマンスへ向上しています。

(APOLLO)

『フォルクスワーゲン』の最新記事
Volkswagen_and_Greece_to_create_model_island_for_climate-neutral_mobility
必要なクルマの台数は2/3に激減!? フォルクスワーゲンのEV社会実験が示す未来とは?
フォルクスワーゲン Tロック
小回りが利くコンパクトサイズでも車内とラゲッジは十分なサイズを確保【フォルクスワーゲンT-Roc試乗記】
フォルクスワーゲンTロック
ティグアンよりも300kg軽い車両重量を活かした、キビキビした走りが魅力【フォルクスワーゲンT-Roc試乗記】
この記事もよく読まれています

あなたにおすすめの記事