コンパクトな前後2カメラ式、従来比で約2.6倍の表示解像度の「ストラーダ F1X PREMIUM10」専用ドライブレコーダー「CA-DR03HTD」を発売

■2020年秋モデルとして登場

2020年秋モデルとして「ストラーダ」ナビを新たにリリースしたパナソニック オートモーティブは、SDカーナビステーション「ストラーダ」の「F1X PREMIUM10」専用となるドライブレコーダー「CA-DR03HTD」を2020年10月中旬に発売すると発表しました。

パナソニック ドライブレコーダー
ドライブレコーダー「CA-DR03HTD」のフロントカメラ

ドライブレコーダー「CA-DR03HTD」のフロントカメラドライブレコーダーの注目度が再び高まっています。契機になったのは、2020年6月30日に妨害運転(あおり運転)に対する罰則が創設されたことで、被害者、加害者の両面での自衛手段として、車両の前後方を録画するドライブレコーダーのニーズが高まっているわけです。

ドライブレコーダー「CA-DR03HTD」は、視界を邪魔しない小型の広視野角2カメラ式で、車両の前後方向を同時にフルHDで録画できます。「ストラーダ」の10V型有機ELモデルとHD-TVI接続により、従来比で約2.6倍の表示解像度を実現。HD画質により、前後方の録画映像やリアルタイムの後方映像をカーナビ画面に表示できるのがポイント。有機ELの高精細な大画面で鮮明な映像をすぐに確認できます。カーナビの大きな画面で操作がしやすく、録画映像をその場で確認可能なほか、ドライブレコーダーの各種設定もカーナビ画面で簡単にできます。

『パナソニック』の最新記事
ストラーダ CN-E330D
ベーシックモデルでも高性能。「ストラーダ」から7V型ワイドカーナビ「CN-E330D」が新登場
パナソニック ゴリラ
「逆走警告」も付いた!パナソニックのポータブルナビゲーション「ゴリラ」の新3モデルが登場
スマホ・ナビではできない機能も満載!? 2020年のパナソニック「ゴリラ」を徹底紹介

この記事もよく読まれています

あなたにおすすめの記事