追悼・渡哲也 マシンXがトミカLV-NEOで甦る!【ミニカー新製品情報】

西部警察・マシンXがミニカーで甦る!

8月10日に肺炎のため78歳で亡くなられた俳優、渡哲也さん。

渡さんといえば「大門団長」というくらいテレビドラマ『西部警察』のイメージが強かったものです。『西部警察』は1979年に放映が始まった刑事物テレビドラマで銃撃戦やカースタント、爆破シーンが盛り込まれた大人気作品でした。人気を裏付けるように『西部警察』は1984年まで続きます。その秘訣のひとつにカースタントを支えた強力な劇中車があげられます。

tomca_lv_japan01
トミカリミテッドヴィンテージNEOにマシンXが登場。

作品では西部警察署の捜査課を率いる大門圭介刑事部長(渡さん主演)の名前から大門軍団とも呼ばれていました。大門軍団には強力な警察車両が与えられます。

木暮課長専用車でオープンカーに仕立てられたガゼール、5代目スカイライン・ターボをベースとしてマイクロコンピューターや車載モニター、特殊無線、リモコン式カメラ、ペイント弾発射銃などを装備するマシンXが筆頭です。

そのマシンXが大人向けトミカとも呼べるトミカリミテッドヴィンテージNEOシリーズにラインナップされることになりました。

tomca_lv_japan02
12月に発売予定のマシンX。

2020年12月に発売されるとアナウンスされた今回の作品は、テレビドラマ『西部警察』45話から登場するマシンXを忠実に再現したものです。

tomca_lv_japan03
トミカリミテッドヴィンテージNEO西部警察Vol.23マシンXのフロントスタイル。

トミカリミテッドヴィンテージNEOシリーズらしく1/64スケールとなっていて、スカイライン2000GTターボをベースにしたマシンXの内外装がリアルに再現されています。

●マシンXならではの外装を再現

ブラックにゴールドのストライプが映えるマシンXですが、外装でまず目に飛び込んでくるのがゴールドに塗装されたカンパニョーロ製マグネシウムホイールです。

tomca_lv_japan04
トミカリミテッドヴィンテージNEO西部警察Vol.23マシンXの左サイド。
tomca_lv_japan05
トミカリミテッドヴィンテージNEO西部警察Vol.23マシンXの右サイド。

さらにフロントグリル内に装備されたレーダー・スピード感知器、特殊無線用アンテナ、300psまでパワーアップされたエンジンに必需品となるオイルクーラーなどもしっかり再現されています。

tomca_lv_japan06
トミカリミテッドヴィンテージNEO西部警察Vol.23マシンXのフロント。
tomca_lv_japan07
トミカリミテッドヴィンテージNEO西部警察Vol.23マシンXのリヤ。

なお写真では装着済みとなっているアンテナ、サーチライトは購入者が自ら取り付ける別部品となっています。

●最新テクノロジー満載だった室内

内装も見事にマシンXの雰囲気を再現しています。助手席側に設置されたマイクロコンピューターと車載モニターにはしっかり自動車電話なども備わり、レカロ製バケットシートやナルディ製ステアリングホイールも再現されています。どこから見てもマシンXそのままの作りになっているのです。

tomca_lv_japan08
トミカリミテッドヴィンテージNEO西部警察Vol.23マシンXのインパネ。
tomca_lv_japan09
トミカリミテッドヴィンテージNEO西部警察Vol.23マシンXの室内装備。
tomca_lv_japan10
トミカリミテッドヴィンテージNEO西部警察Vol.23マシンXのシート。

●トミカリミテッドヴィンテージNEO西部警察Vol.23マシンX

今回発表された新製品は1/64スケールダイキャスト製ミニカーで塗装組立済、パッケージサイズはW120mm×H160mm×D48mm、重量約60gで予定価格が6,000円(税抜き)とのことです。
12月発売予定で版権元商品化許諾申請済です。

(増田 満)

『カーライフ』の最新記事
クルマ関連の個人間シェアサービスを利用経験者が5000人中で48%
クルマや駐車場などの個人間シェアサービス、利用したことがある人は5000人中「48%」
新型コロナ禍で「運転免許の更新」に特例措置
新型コロナ禍で「運転免許の更新」に特例措置! でも「うっかり失効」には要注意
地方の新成人でクルマが必要なのに経済的理由で持っていない人52.1%
「若者のクルマ離れ」の理由とは? 地方の新成人でクルマが必要なのに「経済的理由」で持っていない人が52.1%
この記事もよく読まれています

あなたにおすすめの記事