これが市販型!? 日産の新型EVクロスオーバーSUV「アリヤ」、特許画像がリーク

■コンセプトモデルに酷似したデザイン。フェンダーには充電ポートを装備

日産が東京モーターショー2019で初公開した、新型EVクロスオーバーSUV「アリヤ コンセプト」の市販型と思われる特許画像を入手しました。

日産 アリヤ_001
日産 アリヤ 市販型パテント

注目はコンセプトモデルに酷似したエクステリアデザインです。フロントエンドでは、薄いヘッドライトを装着、バンパーの三角形カットアウトの株に小さい長方形ライトのようなものが追加されているほか、牽引フックを隠すデザインとなっています。

日産 アリヤ_004
日産 アリヤ 市販型パテント

サイドビューでは、フロントフェンダーに充電ポートを装備。なんらかの事情でサイドミラーが装備されていませんが、市販型では電子ミラーの可能性もあるかも知れません。ホイールは、コンセプトモデルに採用されていた21インチより小さいようです。またルーフマウントアンテナと、サイドパーキングセンサーも見てとれます。

リアエンドは、パーキングセンサーと牽引フック用のキャップに対応するべくデザイン変更されたバンパーを装備、リアウィンドウの黒い部分はワイパーが配置されるはずです。またテールライトは、LEDストリップタイプが継承されると予想しています。

日産 アリヤ_003
日産 アリヤ 市販型パテント

コンセプトモデルのボディサイズは、全長181.1インチ(4,600mm)、全高64.1インチ(1,630mm)、全幅75.5インチ(1,920mm)でしたが、市販型も近いサイズが濃厚です。フル充電による航続は300マイル(483km)と予想されており、価格は40,000USドル(約483万円)からハイエンドモデルでは800万円程度の可能性もあるようです。

市販型ワールドプレミアは、2021年内に期待されています。

(APOLLO)

この記事の著者

APOLLO

APOLLO 近影
アポロニュースサービス代表取締役。1965年東京生まれ・世田谷区在住。通信社を経て1996年に独立、レンタルポジ&ニュース配信会社アポロニュースサービスを設立した後、2016年にはカーメディア「Spyder7」編集長に兼任、多数のメディアへ新車スパイショット配信も手掛けております。通信社入社と同時に新車スクープに関わり、これまで35年間、新型モデル開発を追い続け、現在は新車スクープ原稿を年間800本以上執筆、日本で一番新車スクープ記事を書く男としてギネス申請中!?