オンラインでモータースポーツの魅力を発信する「e-Motorsports Studio」をTOYOTA GAZOO Racingが開設

■『グランツーリスモSPORT』に対応したレーシングシミュレーターとネットワークを配備

TOYOTA GAZOO Racing(以下、TGR)は、モータースポーツイベントの中止・延期が相次ぐ中、トヨタが所有する事業所内で『e-Motorsports Studio supported by TGR(以下e-Motorsports Studio)』を4月17日(金)に開設すると発表しました。

TOYOTA GAZOO Racing e-Motorsports Studio
TOYOTA GAZOO Racingが開設する「e-Motorsports Studio」のイメージ

『e-Motorsports Studio』は、PlayStation4用ソフトウェアの『グランツーリスモSPORT』に対応したレーシングシミュレーターとネットワークを配備し、国・内外トップクラスのレーシングドライバーに活用してもらうためのオンラインスタジオ。

レーシングドライバーは、各々の企画したe-Motorsports大会を通じて、世界中のドライバーやファンと自由につながり、多様な企画を実施することが可能。なお、同施設はレーシングドライバーの集会や一般の方々の来場、参加を目的とするものではないそう。

GR Supra GT CUP
「GR Supra GT CUP」

『e-Motorsports Studio』活用例として、以下のような企画が可能だそう。

・レーシングドライバー同士でのオンラインレースを開催、その様子をYoutubeチャンネルなどで中継
・『グランツーリスモSPORT』トッププレイヤーによるオンラインレッスンの配信
・「GTチャンピオンシップ」や「GR Supra GT CUP」などの『グランツーリスモSPORT』公式レースへ参戦、その様子を放映
・ル・マン24時間レースの当初開催日にTOYOTA GAZOO Racing WECドライバー6名がオンライン上で参戦する「TS050 Hybrid ワンメークレース(仮称)」の開催、放映

今回の企画について、TGRは「このような時だからこそ、一人でも多くのファンの方にモータースポーツの魅力を届けたい」というレーシングドライバーの方々の想いを受けて実現したものであり、従来のモータースポーツでは見ることのできないメーカーやレースカテゴリー、リアルとバーチャルの枠を超えたe-Motorsportsならではのコンテンツをここから発信していくとしています。さらに、モータースポーツに触れたことのない方にとっても、新たなエンターテインメントの一つとして発展できるよう推進するとしています。

なお、使用環境(無料)は、

1:『グランツーリスモSPORT』用 レーシングシミュレーター4台 ※4台でのオフライン対戦および『ロビー機能』を活用したネットワーク対戦<MAX16人>が可能
2:レースオペレーター(ゲーム設定、ネットワーク接続、配信など)
3:TGR Youtubeチャンネルでの中継・配信 ※実況・解説の手配、映像の事後編集などは、企画と合わせて相談

使用条件は、

1:下記に該当するメンバーが1名以上いること、もしくはオンライン上で参加すること
A:レーシングドライバー
-国際Cライセンス以上所有者もしくはJAF全日本格式競技の参戦経験者
B:『グランツーリスモSPORT』トッププレイヤー
-『FIA グランツーリスモ チャンピオンシップ』18年、19年ワールドツアー出場者
※上記メンバーを起用したメディア各社の企画としても使用可

2:同社が定める新型コロナウイルスへの対策を実施・徹底すること
・使用14日前からのドライバー/スタッフ全員の健康状態の管理(チェックリストの提出)
・入退場時の手洗い、うがい、検温の徹底(37.5度以上ある方の入場不可)
・ドライバー以外のスタッフ全員のマスク着用などとなっています。

(塚田勝弘)

【関連サイト】

TOYOTA GAZOO Racing
https://toyotagazooracing.com/jp/

『トヨタ自動車』の最新記事
トヨタが迫力のワイドフェンダー&リヤウイング装備の「GRヤリスAP4」を公開!
GRヤリス RZ“High performance”
GRヤリスのラゲッジスペースは狭い? いや、結構使えるサイズだった
トヨタの新型SUV「アーバンクルーザー」が120万円で登場。スズキとの協業で実現
この記事もよく読まれています

あなたにおすすめの記事