新型BMW・7シリーズは電動モデルも設定へ。最新プロトタイプをキャッチ

■電気版「i7」は670馬力で580kmの航続距離に

BMWのフラッグシップ・4ドアサルーン「7シリーズ」次世代型の最新プロトタイプをカメラが捉えました。

BMW 7シリーズ_002
BMW 7シリーズ 次期型 プロトタイプ

現行型7シリーズは、2022年6月まで生産されると予想されており、同年内には次世代型へバトンタッチされると予想されます。

キャッチしたプロトタイプは、前回のものから大きな変化は見られません。但し、ボディに電気テスト車両を示すステッカーが貼られておらず、リアバンパー下部にエキゾーストシステムを装備している点からも、これがEVモデルではないことがわかります。またPHEVモデルかも現時点で判断はできません。

BMW 7シリーズ_010
BMW 7シリーズ 次期型 プロトタイプ

ヘッドライトとテールライトにはわずかなカモフラージュがほどこされていますが、生産型パーツではないと思われます。しかし開発初期段階であっても、次世代型には現行モデルのレーザーヘッドライトに代わる次世代ヘッドライトテクノロジーが搭載されるのは明らかです。

ボンネットに下でも大きな変化がみられます。同社では、7シリーズファミリーのエンジンをコンパクト化しV12エンジンが消滅する可能性がありそうで、内燃機関では、3.0リットル直列6気筒ガソリンターボエンジン、及びディーゼルクワッドターボエンジン、4.0リットルV8ガソリンターボエンジンがラインアップされそうです。

BMW 7シリーズ_005
BMW 7シリーズ 次期型 プロトタイプ

ハイライトは、3.0リットル直列6気筒ツインターボ+モーターのプラグインハイブリッドや、初のフルEV「i7」と「i7 S」など電動化の加速です。i7では「i4」と共有する80kWhのバッテリーを搭載、高性能モデルi7 Sには120kWhのバッテリーを搭載し、最高出力は670hp以上、フル充電による航続距離はWLTPに基づく360マイル(580km)と予想されます。

(APOLLO)

『Scoop』の最新記事
トヨタ アイゴ後継モデル_004
新型コンパクト開発中! トヨタ アイゴ後継モデルに「GA-B」プラットフォーム採用か?
メルセデス・ベンツ EQS_001
セクシーなリフトバックがついに露わに! メルセデス・ベンツEVセダン「EQS」最新プロトタイプをキャッチ
ヒュンダイ アイオニック5_007
ヒュンダイ次世代EV「アイオニック 5」の実車が走った! メタルシートを初公開

あなたにおすすめの記事

この記事もよく読まれています