新型コロナも心配無用!? 自宅でも手に汗握るミニカーのラリー中継を楽しもう【動画】

DRC第1戦04

■歴代の名車が本気で競うラリー

新型コロナウイルスの影響で、さまざまなイベントやレジャー施設が休止したり規模を縮小してています。

F1、MotoGP、WRC、D1グランプリ等のモータースポーツも例外じゃありません。遊びに行くところもなく、週末になっても自宅で退屈しているひとは多いと思いますが、今回はなかなか楽しめるYouTube動画をご紹介しましょう。

DRC第1戦01
コースの周囲の観客なども楽しく再現されています。

ミニカーでやるラリー競技です。ミニカーというとちょっと幼稚な印象を受けるかもしれませんが、これがなかなかリアルに没入できます。まず出走する車両が以下のとおり。

#1 – ランチア・ストラトス(Tomica)
#3 – スバルWRX STI (Hot Wheels)
#5 – 2008三菱ランサー・エボリューション (Hot Wheels)
#7 – 1970 フォード・ラリー・エスコート・RS1600 (Hot Wheels)
#8 – フォード・エスコトート・ラリー (Hot Wheels)
#13 – 1985 ポルシェ911 ラリー (Matchbox)
#23 – 1970 ダットサン510 (Matchbox)
#24 – VWシロッコ GT 24 (Hot Wheels)

DRC第1戦02
数十年にわたるラリーの名車がずらり! これらがガチで競うのはミニカー競技ならではですね。

どうですか? なかなか時代を超えた名車がそろっているじゃないですか! これらのミニカーがジオラマふうに作られたコースを走ります。

ラリーということもあって、タイムを競うものではないようです。チェックポイントを通過するごとに+1ポイント。フィニッシュラインを通過すると+1ポイント。またフィニッシュラインでビッグジャンプを見せるとボーナスポイントが付加されます。

DRC第1戦03
横転やスピンの動きは、なかなかリアルです。

このルールから想像できると思いますが、そうです、完走率はあまり高くないのです。そしてスピンや横転が、なかなかラリーっぽいのです。また、この競技は同じコースを使った1イベントで4ラウンドが行われます。まずは8台がそれぞれ単独走行を行うラウンド1をごらんください。

本格的なBGMに実況。そしてクレーンを使っているのか、臨場感があってわかりやすいカメラワーク。けっこうリアルに楽しめるエンターテインメントになってますよね? ちなみにトークも面白いのですが、自動翻訳だと伝わらないですね。

それから、このラリー、じつはトミカとホットウィールとマッチボックスという、ミニカー三大ブランドの争いにもなっているんですよね。

ラウンド2は、2台同時スタートでの競走になります。そして、ポイント下位2台が脱落していくという生き残り戦になります。

6台に絞られたラウンド3。ここからはラウンド2と同じルールで競技が行われます。またしても下位2台が脱落するわけです。

さあ、いよいよ残りは4台に絞られました。第1戦の優勝をかけてラウンド4が開催されます。ラウンド4は次のページで。

『動画』の最新記事
ハマーH1と綱引き03
1台でダメなら…3台いれば、ハマーH1に勝てるのか!?【動画】
射出座席
圧縮空気、ガソリン、水素、エアバッグの物質…シートを射出するのに最適な材料は?【動画】
EVドラッグスターの最速記録
静かすぎてスゴさがわかりづらい、EVドラッグスターの最速記録【動画】
ガソリンタンク爆発03
クルマを爆発させたい時、満タン、ガス欠、その中間…どれを選ぶ?【動画】
オランダを走るF1
F1マシンで!? アルボンを引き連れてフェルスタッペンがオランダを案内【動画】
この記事もよく読まれています

あなたにおすすめの記事