知っている? SUVタイヤはスタッドレスって言ってなくてもスタッドレスがある【ラングラー デュラトラック試乗】

■SUVタイヤはスタッドレスと名乗らないこともあるのだ

最近はSUVを乗る人もグッと増えてきて、昔でいえばセダンやステーションワゴンのようにSUVが普通に使われています。

そうしたなかでSUVに乗る人も当然、必要な状況となるとスタッドレスタイヤを選ぶと思うのですが、じつはSUV用のタイヤのなかにはスタッドレスタイヤであることを謳っていないものも存在します。

ラングラー デュラトラック装着プラド
ラングラー デュラトラックを装着したランドクルーザープラドの走り

今回、グッドイヤーのウインター試乗会で乗った「ラングラー デュラトラック」もそうしたタイヤの1つです。事実、グッドイヤーのホームページでも「ラングラー デュラトラック」はオン/オフロード用の夏タイヤと紹介されているのですが、グズグズのシャーベット状スノー路面でも、しっかりとしたグリップを発揮、アクティブに走ってくれました。

ラングラー デュラトラック 外観
SUVタイヤらしい、力強いデザイン
ラングラー デュラトラック パタンデザイン
しっかりしたブロックデザインを採用するラングラー デュラトラックのパターン

グッドイヤーのSUVタイヤにおけるラングラー デュラトラックの位置試乗会で「ラングラー デュラトラック」が装着されていたのはランドクルーザープラドなので、もともとクロスカントリー性能などが高いモデルです。しかし、こうしたモデルでも雪道ではグリップしないタイヤを履いた場合は、走りにはかなり苦労するものです。

今回、装着車を実際に雪道を走らせた感覚では、しっかりとしたグリップを発揮してくれて、発進も停止もコーナリングも扱いやすいタイプという印象。コーナリングで限界を超えて滑り出したときも、コントローラブルで雪道性能は高いです。

ラングラー デュラトラック 説明
ラングラー デュラトラック概要
ラングラー デュラトラック説明2
ラングラー デュラトラックのサイドウォール特徴&マーキング

ラングラー デュラトラック 位置付け

グッドイヤーでも夏タイヤとされている「ラングラー デュラトラック」ですが、じつはスタッドレスタイヤ同様に雪道走行が可能なスノーフレークマークが刻印されています。SUVタイヤなので、もともとM+S(マッド&スノー)マークが刻印され泥ねい路や雪道の走行も可能とされています。しかしこのM+Sマークだけでは走行が許されない場合もあります。

そこで求められるのがM+Sマークに加えて、スノーフレークマーク(山のイラストのなかに雪マークがあるアイコン)が付いていることです。

ラングラー デュラトラック マーキング
スノーフレークマークとM+Sマーク
ラングラー デュラトラック マッド
マッド路面の走りも安定感があるラングラー デュラトラック

タイヤ選びのときは「スタッドレスタイヤ」や「オールシーズンタイヤ」「サマータイヤ」という言葉だけでなく、タイヤに刻印されているマークをきちんと読み取る必要があります。

すでにスノーフレークマーク付きのタイヤを装着し性能も確保されているのに、スタッドレスと言われていないからタイヤを買い足してしまった……はちょっともったいないですものね。

ラングラー デュラトラック+ランドクルーザープラド
デザイン的にもクロカン色の強いランドクルーザーなどとのマッチングがいいラングラー デュラトラック

(文・諸星陽一/写真・角田伸幸、諸星陽一)

『グッドイヤー』の最新記事
カートリッジ交換でタイヤを再生。グッドイヤーのコンセプトタイヤ 「reCharge(リチャージ)」
EAGLE RS SPORT V4_サイドウォール
TOYOTA GAZOO Racing 86/BRZ Race対応のグッドイヤーのSタイヤが1年ぶりにフルチェンジ 【グッドイヤーEAGLE RS SPORT V4(イーグルRSスポーツV4)】
梅本まどか
グッドイヤー・エフィシェントグリップECO EG02はコンパクトカーに最適! 最新の低燃費タイヤの安心性能に梅本まどかも驚いた!!【タイヤ選び基礎講座】(PR)
この記事もよく読まれています

あなたにおすすめの記事