ロングルーフが魅了する! VW・アルテオン、シューティングブレークを初設定へ

■中国専売となるワゴン「CC Travel Edition」、ついに欧州でも発売

VWは欧州Dセグメントの4ドアサルーン「アルテオン」にワゴンモデルとなる「アルテオン シューティングブレーク」を設定することが確実となり、その開発車両を初めてカメラが捉えました。

VW アルテオン シューティングブレーク_005
VW アルテオン シューティングブレーク 市販型プロトタイプ

つい1ヶ月ほど前には、中国専売となるワゴン「CC Travel Edition」(CCトラベル エディション)の画像が流出しましたが、今回欧州でも販売が確定となりました。

VW アルテオン シューティングブレーク_002
VW アルテオン シューティングブレーク 市販型プロトタイプ

アルテオンは、「パサート」派生モデルとして登場した4ドアクーペ「CC」の後継モデルとして2016年に欧州で発売、翌2017年には日本市場にも投入されています。

豪雪のスカンジナビアで捉えた開発車両は、「パサート ヴァリアント」を模倣してカモフラージュされていますが、大まかなデザインが見てとれます。わずかにリフトアップされたボディは、アルテオンと同様のLEDデイタイムランニングライトを装備するヘッドライトを装備。ホイールアーチにプラスチッククラッドを装着しているほか、大型のルーフスポイラーも見られるが、CC Travel Editionのようなルーフレールは装備されていません。

サイドビューからは長いロングルーフが見てとれるほか、パサートヴァリアントと比較してDピラーはかなり傾斜が強く、美しいボディシルエットが完成されていることがわかります。

VW アルテオン シューティングブレーク_008
VW アルテオン シューティングブレーク 市販型プロトタイプ

中国専売CCトラベルエディションのパワートレインは、2.0リットル直列4気筒ターボチャージャーエンジンを搭載し、最高出力186ps、最大トルク320Nmを発揮します。一方欧州「シューティングブレーク」では、同エンジンを搭載しつつ最高出力2220ps、最大トルク350Nmを発揮、どちらも7速ATと組み合わされ全輪駆動が標準装備されます。また1.5リットル及び2.0リットルのTSIガソリンユニット2.0リットルディーゼルのラインアップも予想されます。

ワールドプレミアは、アルテオンのフェイスリフトと同時期の今年後半が有力と言えそうです。

(APOLLO)

『フォルクスワーゲン』の最新記事
フォルクスワーゲン ティグアン
フォルクスワーゲン・ティグアンは、SUV3兄弟の中で最も重厚感と高級感のある乗り味が魅力
フォルクスワーゲン T-Roc
2Lディーゼルエンジンを積むT-Roc、T-Crossよりも若干マイルドな足まわりが印象的
フォルクスワーゲン T-Cross
T-Crossとポロとの違いは? 全高を高めて狭い道路、駐車場事情での扱いやすさがアップ
この記事もよく読まれています

あなたにおすすめの記事