名車NAロードスターの極上車は今や250万円!上玉を手に入れる最後のチャンスか!?【中古スポーツカー・バイヤーズガイド】

1995年式ユーノス・ロードスター1.8Vスペシャルの外観。

■一度は底値まで落ちたNAロードスターの相場がジリジリ上昇中

●日本が誇る不朽の名車を手に入れるなら今だ!

世界に誇る日本の名車と言われて、何を思い浮かべるでしょう? 1950年代から連綿と続く国産車の歴史には、数多くの名車が存在します。その中から世界に誇れるものといえば、現在世界中で人気のR32スカイラインGT-RやホンダNSXなどがあります。でも忘れてならないのが、ユーノス・ロードスターでしょう。

ユーノス・ロードスター
1989年に日本販売が開始されたユーノス・ロードスター。

後にマツダ・ロードスターに名称を変更しましたが、1989年に発売された初代には、マツダの新販売チャンネルであったユーノスの名前が与えられました。海外ではMX-5ミアータという名前で発売され、世界中で大ヒット。翌年には世界中で9万台を超える販売台数を記録するほど爆発的な人気となり、1998年には2シーターオープンスポーツカー単一車種での累計生産台数が53万台を超えてギネス記録にも認定されています。

大ヒットの要因として手頃なサイズのボディとエンジンがもたらす軽快な走りに加え、買いやすい金額に設定された販売価格が挙げられます。数多く売れた庶民的価格のクルマですから、モデルチェンジを繰り返して世代が代わるごとに中古車相場は下がります。一時はヒトケタ万円という売り物が目立つ時期もありました。

ところが現在、初代ロードスター、NA型(以下NAロードスター)の人気が上昇中です! すでに新車価格ほどの売り物も目につくようになりました。今回はNAロードスターの中古車相場の動きと、買い時を探ってみました。

●NAロードスター・プチヒストリー

まずNAロードスターの歴史をおさらいしましょう。海外で先行発売された後の1989年9月に国内販売が始まりました。当初は単一グレードのみでの発売です。トランスミッションも5速MTのみでスタートしており、パワーステアリングやパワーウインドウすらオプションでした。各種オプションを装着したスペシャルパッケージでも、販売価格は185万円に抑えられていました。

1989年発売ユーノス・ロードスター。
1989年発売ユーノス・ロードスター。

1990年3月になると、要望が多かったAT仕様が加わります。さらに同年8月にはウッドステアリングやタン色の内装などを装備するVスペシャルが追加発売され、グリーンの専用ボディ色などで人気を集めました。

1990年発売ユーノス・ロードスターVスペシャル。
1990年発売ユーノス・ロードスターVスペシャル。

1992年8月に安全装備を充実させるとともに、翌9月に本革ステアリング・シフトノブ・サイドブレーキレバー、ビルシュタインダンパー、BBSアルミホイールなどを装備するSスペシャルが追加発売されます。

1992年発売ユーノス・ロードスターSスペシャル。
1992年発売ユーノス・ロードスターSスペシャル。

1993年9月のマイナーチェンジでは搭載エンジンを1.6リッターDOHCから1.8リッターDOHCに変更します。これにより当初のモデル型式NA6CからNA8Cになっています。

1993年発売ユーノス・ロードスター(1800)。
1993年発売ユーノス・ロードスター(1800)。

1.8リッターモデルになった後は毎年のように限定車を発売して根強い人気に応えていきますが、1998年1月に2代目となるマツダ・ロードスター、NB型に切り替わります。NAロードスターは実に10年もの間、生産された長寿モデルでした。

1998年発売マツダ・ロードスター(NB)。
1998年発売マツダ・ロードスター(NB)。
『マツダ・ロードスター』の最新記事
2019 日本自動車殿堂 歴史遺産車に、初代「マツダ ロードスター」が選定
メディア対抗ロードスター4時間耐久レース
9月7日(土)16時に決勝スタート! 「メディア対抗ロードスター4時間耐久レース」の模様をライブストリーミング
マツダ・ロードスターRFの30周年記念車がサプライズ登場! 1000台超の歴代オーナーが集結!!【ロードスター軽井沢ミーティング2019】
北米ではソールドアウト! ロードスター30周年記念車はレーシングオレンジが印象的
MAZDA MX-5(マツダ・ロードスター)に30周年記念モデルが世界3000台限定で登場【シカゴオートショー2019】
この記事もよく読まれています

あなたにおすすめの記事