600馬力のメガハッチが誕生。メルセデスAMG A45Sのチューニングキットが発売

メルセデス AMG A45S カスタムカー外観_003

■米レンテックの最新チューン、直4で500psと600psを用意

米国のチューニングメーカー「Renntech」(レンテック)は、メルセデス・ベンツのハイエンド・ハッチバック「AMG A45S」を過激にチューンした2つの最新パワーキットを発売することを発表しました。

メルセデス AMG A45S カスタムカー外観_001
メルセデス AMG A45S レンティック チューニングカー

レンテックは、米フロリダとドイツに1989年に設立された老舗チューナーです。メルセデスAMGをはじめBMW、アウディなどの欧州プレミアムメーカーから、日産「GT-R」など日本製ハイスポーツまで幅広く手掛けています。

今回ベースとされたAMG A45S新型は、2.0リットル直列4気筒ターボエンジンを搭載、コンパクト・ハッチバックとしては最強レベルと言える最高出力421ps、最大トルク500Nを発揮し、0-100km/h加速3.9秒、最高速度270km/hというパフォーマンスを誇っています。

メルセデス AMG A45S カスタムカー外観_002
メルセデス AMG A45S レンティック チューニングカー

この高性能ハッチをさらにアップグレードする2つのパワーキットは、同エンジンをブーストアップし、最高出力550psおよび600psというスーパーカー並のパワーへと豹変させるものです。

正式発売は今春以降の予定で、現在エキゾーストシステムやソフトウェア、ダウンパイプなどの調整が行われている状況だといいます。またオリジナルの触媒コンバーター、及びパーティクルフィルタに基づく専用のエキゾーストシステムも開発しているようです。

これらのパーツを数ヶ月待てない顧客は、1月中旬から最高出力475ps、最大トルク575Nmまで向上させるソフトウェアチューニングキットを注文することも可能で、これには、遠距離生後エキゾースト・バルブモジュール、ローダウン・スプリングセット、19インチまたは20インチ大径ホイールが含まれているといいます。

(APOLLO)

『メルセデス・ベンツ』の最新記事
CLA前7/3
プラットフォームの革新的進化により飛躍的に性能が向上した4ドアクーペ【メルセデス・ベンツCLA試乗】
もっとも「メルセデスらしい」EクラスのディーゼルPHV【メルセデス・ベンツE350de試乗】
メルセデス AMG GT 4ドアクーペ
435PS/520Nmの「GT 53 4MATIC+」は、中間グレードでも驚愕のハイスピードコーナリングを披露【メルセデス AMG GT 4ドアクーペ試乗記】
人気グレードの「G 350 d」は、Gクラスらしさを堪能できるエントリーグレード【メルセデス・ベンツGクラス試乗記】
公道で楽しむなら「A45」よりも最適!? 日常使いできるホットハッチでも退屈とは無縁な走り【メルセデス・ベンツA35 4MATIC試乗記】
この記事もよく読まれています

あなたにおすすめの記事